岐阜県多治見市。JR中央本線の古虎渓駅の目の前に、旅館らしき廃墟があるのです…。

このあたりには有名な古虎渓ハウスや、定光寺の廃墟愛岐トンネル群など、いろいろと廃なものがありながら、庄内川の大自然、絶景も楽しめてとても魅力的なところです。

それでいて大都会名古屋からのアクセスも簡単という恐るべきスポット。今回はこの旅館廃墟を探査していきます。

古虎渓駅の近くにいきなり廃墟

それなりに交通量の多い道路に面する山の斜面に、建物がポツポツとあります。

今にも壊れそうです。

全体的にボロボロ

廃墟とはいえトイレを見るとおしっこしたくなる。

紅葉が見れていいとこです。

抜けてる…怖いけど上がります。

とくに何もなかった。古虎渓駅が土岐川の向こうにあります。土岐川だよね?

ボロボロで崩壊させちゃいそうなのでさっさと撤収

加工しつつ

さようなら

いいね!を押すと、いいね!の数が増えます。

ここにいるよ→