岐阜県多治見市。JR中央本線の古虎渓駅の目の前に、旅館らしき廃墟があるのです…。

このあたりには有名な古虎渓ハウスや、定光寺の廃墟愛岐トンネル群など、いろいろと廃なものがありながら、庄内川の大自然、絶景も楽しめてとても魅力的なところです。

それでいて大都会名古屋からのアクセスも簡単という恐るべきスポット。今回はこの旅館廃墟を探査していきます。

古虎渓駅の近くにいきなり廃墟

それなりに交通量の多い道路に面する山の斜面に、建物がポツポツとあります。

今にも壊れそうです。

全体的にボロボロ

廃墟とはいえトイレを見るとおしっこしたくなる。

紅葉が見れていいとこです。

抜けてる…怖いけど上がります。

とくに何もなかった。古虎渓駅が土岐川の向こうにあります。土岐川だよね?

ボロボロで崩壊させちゃいそうなのでさっさと撤収

加工しつつ

さようなら

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!