iPad用のキーボードを買いました。

by カエレバ

このタイプのキーボードは価格域が完全に2分してて、安くてしょぼいのと高くてすげーのの2通り。
僕は当然安い方になびきました。1800円です。

この価格域だとAmazonのレビューも絶賛する人と絶対買うなって人がいるんだけど、この商品の場合はわりと評価が高くて、ダメ元で購入してみました。

イケるやん!

というわけで早速開封しようとしたらご覧の有様だよ。
外箱に多少傷があるだけのこととはいえこの時点でなんかもうお察し。

箱はアレだったけど商品自体には特別破損もなく。
キーボードの質感としては完全にプラスチック。全く高級感はない。
4万のiPadとかいささか不釣り合い。

iPadをキーボードの爪でひっかけて固定するタイプです。
磁石とかもありません。完全にこの数ミリの爪のみ。当然角度も一定。

とはいえ個人的にはわりとジャストな角度でした。

ちょっと不安だけど思ったよりも安定します。
膝の上に置いて作業しても問題ない。

キーボードそのものが400gしかないのでハラハラします。

ちょっと押してやるとすぐ倒れる。
まぁ普通に使ってれば問題ないけど。

無理やりだけど縦置きも可能。
こうなるともうずっと支えてやらんと完全に倒れる。

エンターキーは小さい。

物理ホームボタンや明るさ変更ボタンもあります。

commandボタンがあるのでMacと同じくcommand+Cでコピーとかもできちゃう。

蓋をしてみた。

この商品はiPad2専用とのことだったけど、iPad4でも大丈夫。ガッチリとカバーしてくれます。
逆に若干キツイようで、蓋してから開けるのがちょっと大変。

まとめ

思ったよりよかった。
キーストロークはそこまで深いわけじゃないと思うけど、ポケモンキーボードのように「へちゃっ」とした感じではなく「パチッ」とした感触でだいぶ満足です。
こういうキーボードによくあるキーのズレなんかもなくて、すげースムーズに使えてます。

まぁ基本的にはPCで作業するのが1番捗るんですけど、ちょろっと記事をいじるときとかに大活躍してくれそうです。

なにより膝の上にiPadを置けるってのがいいね。楽ちん。

そうそう、充電はミニUSB端子です。ケーブルは付属してますのでご安心を。
電池じゃないのでcheeroやモバイルブースターから充電できる。嬉しい。

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!