Switch

そういえばWindowsユーザー時代に、『Windows Media Player』を使ってCDから取り込んだ音楽ファイルがたくさんあります。

それらの音楽ファイルは『.wma』って拡張子で保存されています。で、Macに移ってきて.wmaのファイルをiTunesに取り込もうと思ったら、なんとまぁこれができないの。

そこで『.wma』を『.mp3』に変換できるMac用フリーソフトを探しました。

見つけました。『Switch』と仰るそうな。

これさえあればiTunesに取り込めなかった拡張子の音楽ファイルも、取り込めるようになるのです。

Switchを使ってwmaをmp3に!

Switchの使い方

使い方は簡単。Switchを起動させたら、音楽ファイルをドラッグ・アンド・ドロップしてやるだけ。

Switchで音楽ファイルの拡張子を変換する

右下の変換ボタンを押してやります。

Switchで.wmaを.mp3に変換

変換中…。

Switchの仕様

変換できた。が、上から5つのファイルのみ変換できていて、下2つはできませんでした。

どうも複数のファイルを一気にやろうとしても、5つまでしかやってくれない様子。これはかなりめんどくさいのですが、5個ずつをめどにやってもらうといいと思います。

『.aac』『.wav』『.m3u』など変換し放題!

対応している拡張子は多い

対応している拡張子はかなり多いです。『.aac』『.wav』『.m3u』などニッチなところも対応してくれてるのが嬉しい。

保存場所も指定可能

変換後は元のファイルを削除したり、保存場所を任意の場所に設定することなんかが可能。

これでWindowsからMacに移行してきても、変わりなく音楽を楽しむことができまっせ!

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!