仏ヶ浦の巨岩
むしられたおにぎりせんべいみたいな

青森県に旅行に行った時の話をします。この日私は恐山での参拝を済ませ、次の目的地である仏ヶ浦(以前は「仏宇陀」と呼ばれたそうな)に向かいました。

この仏ヶ浦、以前から気になっていた場所でした。何と言ってもその見た目のインパクト。波、風、雪、様々な要素で削られていった巨岩が、まるで仏像かのように立ち並ぶ様子はまさに珍スポット

行ってみたくて仕方なかったんですが、下北半島の西の果てにあるのでアクセスがなかなか大変。今回なんとか辿り着くことができ、カメラだけでなくドローンでも撮影することができました。ぜひご覧ください。

まずはドローンで撮影した仏ヶ浦の動画でもご覧あれ

まずはGoProとドローンで撮った仏ヶ浦の動画をご覧ください。

また余談ですが、この動画の撮影中、急にドローンが操縦不能になって落下して焦りました。どうにもならんのでただただ見守っていたら、自動的に復帰してくれたので事なきを得ましたが、怖かったです。その時の動画はこちら。

10万もしたのでそう簡単に壊れてもらっては困る笑

仏ヶ浦へのアクセスは大変!帰り道は10分程度階段を登り続けます

仏ヶ浦

こんな素敵な名所なんですが、ここに辿り着くのがなかなか大変です。そもそも仏ヶ浦があるのは下北半島の西海岸。むつ市からは車で1時間かかります。しかもほぼ1車線なので、遅い車がいるとより時間がかかる。

また、上記の動画をご覧頂けるとわかると思いますが、仏ヶ浦の最寄りの駐車場からは15分程度徒歩が続きます。行きは階段を下るだけなので余裕ですが、帰りは逆に15分間ずっと登り。結構きつかったです。高齢者はほんと休憩しながらじゃないとやばいと思うのでお気をつけください。

美しい海と巨大な奇岩

仏ヶ浦の海

巨岩群も素晴らしいのですが、海が本当に綺麗。美しい。底まで透き通っていて、小魚が泳いでいる姿を確認することができました。

山口県の角島もこんな感じで海が透き通っていて綺麗だったし、さすがは日本海という感じですね。

では素晴らしき仏ヶ浦の奇岩群をご覧ください。

仏ヶ浦の入江

巨岩と人

さながらエアーズロック(言い過ぎ)

カッパドキア感ある風景

カッパドキア感あるね。

タワーのような岩

「如来の首」「屏風岩」など、名前がついている岩もあるそうです(特に案内があるわけではないので、どれが何かはわからんかった)。

地面ゴツゴツ
地面ゴツゴツ

トゲトゲ岩

夏はライトアップされるそうです。

トゲトゲ岩の先端
トゲトゲ岩

こんな規則的にギザギザした岩が自然によって作られたものってんだから驚くよね。与那国島海底地形の自然説も納得です。

仏ヶ浦の遊覧船

仏ヶ浦港
仏ヶ浦港

佐井港への遊覧船も出ていて、海上から仏ヶ浦を眺めることもできます。

パッとみた感じ仏ヶ浦開城観光株式会社と佐井定期観光株式会社の2社が船を出していて、料金はどちらも往復で2,400円とのこと。

青森観光の際は恐山とセットでどうぞ

さらば仏ヶ浦

青森県の下北半島と言えば、下北駅からバスで行ける恐山もおすすめです。恐山では宿泊することもでき、アツアツの温泉に入れる他、精進料理を食べることもできます。実際、24時間恐山を堪能してきた様子を記事にしているのでこちらもご覧ください。

この記事の撮影機材
カメラ1:RX100M6
カメラ2:GoPro HERO7 Black
カメラ3:DJI Mavic Air

仏ヶ浦の詳細情報

公式サイト:なし
住所:〒039-4712 青森県下北郡佐井村大字長後
電話番号:なし
場所:Googleマップで見る

営業時間:いつでも
入場料:無料
駐車場:無料駐車場があるものの、駐車場から15分程度歩きます

備考:遠い

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!