大滝観音周辺

岐阜県恵那市です。恵那市といっても瑞浪市との境目、国道418号線から外れて椋実防災ダムにたどり着いたさらにその先に、集仙院と呼ばれるお寺があります。

ここには全長12mの通称、大滝観音さまがいらっしゃいます。この辺りにしては珍しい青銅製の観音様だそうです。

というわけでありがたいそのお姿をみなさまに紹介いたします。アーメン。

岐阜県恵那市の山奥「集仙院」にある大滝観音

階段の上にある観音様

集仙院です。ここに行くまでに椋の実ダムの上を走るのですが、その道に「関係者以外立入禁止」という看板があるのでおっかなびっくりでしたが、無視して進んだ先にあります。何が立ち入り禁止なのかよくわかりませんでした。

集仙院自体はかなり広い敷地を持つお寺で、観音様だけでなくもちろん本堂もあります。今回たまたま住職さんらしき方に出会うことができ、本堂内も案内してもらいました。

本堂はかなり新しめでしたね。ご本尊は弥勒菩薩だそうです。

大滝観音

そしてこちらにいらっしゃるのが大滝観音。観音様としては楊柳観音にカテゴライズされます。平成10年にできたとのことなので、まだ20歳そこら。非常に若手の観音様です。

プレハブ小屋

プレハブ倉庫の中にはローソクやお線香などのお祈りグッズが寂しくならぶ。

大滝観音全景

この観音様の売りは中部地方唯一の青銅製大観音であること。(あれ、長野県の全長25mくらいの世界平和大観音大先生も青銅製じゃなかったっけ…笑)

大滝観音正面

また、起死回生の不思議な神通力を持つそうです。お、おう…。

大滝観音からの眺め

振り返るとそこにはとても雄大な景色が。恵那市ってこんなに山奥だったっけと驚かされます(写真、HDR合成に失敗しちゃってますね!)。

大滝観音の右手

メロイックサイン

ロブハルフォード

おわり

恵那市観光なら岩村城もおすすめ

大滝観音から車で30分くらいの場所にある岩村城は、海抜717mの高さにあるお城でした。今は石垣くらいしか残ってませんが、山の上にあったお城ということで「天空の城」とも呼ばれているそうです。

この記事の撮影機材
カメラ1:X-T20
レンズ:XF16-55mmF2.8

大滝観音の詳細情報

公式サイト:なし
住所:〒509-7125 岐阜県恵那市三郷町椋実
電話番号:0573-28-3136
場所:Googleマップで見る

営業時間:不明
入場料:無料
駐車場:広大な敷地が君を待っている

備考:メロイックサインをメタル界に流行らせたのはロニージェイムスディオ説

いたみわけ.comは気に入ってくれたかい?
君のいいね!を待ってるぜ!