ゲストハウスから見た海
HafHで泊まったゲストハウスから見た夕暮れの海岸

定額料金で世界中のゲストハウスに住み放題になるHafH(ハフ)というサービスがあります。世界中で泊まり放題になるのかウリですが、国内だけでも十分な拠点数がありHafHだけで暮らしていくことも難しくありません。しかも今ならGoToキャンペーンに対応していて、各プランが35%オフ(詳細は後述)という破格料金で提供されていたので登録してみることにしました。

HafHを使い始めたのは8/1のことなのでまだまだペーペーです。しかしこの数日間でとても良かったこと、その一方で運営に対して「こんなんなら解約してやる」とメンチ切ったこと、それぞれありました。

良いことも悪いことも経験したので、「HafHを始めたいから、使ってみた人の感想を知りたい!」という人に向けて、HafHのメリットデメリットを紹介していきます。

おさらい:HafHで可能になることと基礎知識


画像引用元:HafH

HafHに関する基礎内容は既に承知だと思いますが改めて解説します。知ってる人は適当に飛ばしてください。

HafHに登録すると、全世界にある様々なゲストハウスに泊まり放題になります。料金プランは主に3通りあり、月間の宿泊日数に応じて変わります。全て税別です。

  • 月に5日間まで泊まれる:16,000円→10,300円
  • 月に10日間まで泊まれる:32,000円→20,800円
  • 上限なしで泊まれる:82,000円→53,300円

2021年1月末まではGoToトラベル料金が適用され、上記3つのプランは35%オフで利用できます(矢印右側の料金がそれです)。最上位プランでも6万未満でマジ安い。入会金などはなく、発生する料金は本当にこれだけ。

また別の記事で紹介しますが、私は似たような定額住み放題サービスのADDressにも登録しているので、今回は月に10日間まで泊まれるプランにて契約しました。ちなみに契約自体は即日で可能。サイト上から免許証もしくはパスポートの写真をアップロードし、料金の引き落とし先となるクレジットカードを登録するだけで、誰でもすぐに利用を開始できます。

会員登録完了後、会員専用ページから好きな宿泊施設を選んで予約します。予約が完了すれば、あとは通常のホテル利用と同じ。普通にチェックインそして普通にチェックアウトして帰るだけ。

お部屋は基本的にはドミトリー形式で個室ではありません。しかし、ハフコインと呼ばれるものを消費することで、個室にアップグレードできるホテルもあります。このハフコインについてはまだそんなに詳しくないけど、プランに応じて毎月貰えたり、何か特別な日に運営から付与されたりするらしいです。

基本的な仕組みはこんなところ。そしてすごいのが契約に関して厳しい縛りがないこと。もしもしばらく使わない場合は、翌月から月額0円のプランに変更することができます。

HafHの良かったこと

それではHafHを始めて良かったことを紹介します。

1泊1万円する宿にも泊まれるコスパの良さ

DENIM HOSTEL float
岡山県にあるDENIM HOSTEL float

これ非常に驚いたんですが、HafHで泊まれる宿の正規料金を調べると、中には1万円前後するところもあります。

現在私が利用している月に10回泊まれるプランは通常32,000円。従って1回あたり3,200円です。もちろん中には2,000円とかで泊まれる宿もあるんですが、集中的に3,200円以上の宿を選べば、宿泊料金がめちゃくちゃお得になります。

このコスパの高さは旅好きにとってありがたい。

HafH利用者同士で生まれる会話

滋賀県にあるジェイホッパーズ琵琶湖ゲストハウス
滋賀県にあるジェイホッパーズ琵琶湖ゲストハウス

HafHを使って宿泊すると、「あなたもHafHなんですね!」という感じで共通の話題ができ、会話が広がります。HafHを使って宿泊したのはまだ4回くらいですが、既に1回、このような会話をしました。

そもそもHafHに登録するような人は、人との関わりも好きな人が多いと思います。なので同じ空間にいると自然と会話が生まれて、「どこどこの拠点が良かったぞ!」みたいな話になります。

HafHという共通の話題があるからこそ、会話もしやすいし話題も作りやすい。それがまたHafHの魅力の1つだと思います。

仕事ができる環境が整っている

作業スペースもバッチリ
作業スペースもバッチリ

これはHafHというよりもゲストハウス側の魅力ですが、今のところ利用したゲストハウス全てで快適に仕事することができました。

電源やWi-Fiが完備されていて、コワーキングスペースのような環境が整っています。自分以外にも作業している人がいたりして、気兼ねなく仕事できるのが嬉しいです。特に私の場合、1人になるとなかなか仕事に集中できないので、他の誰かと同じ空間で仕事をする、という状況にすぐ身を置けるのはありがたい。

おそらくフリーランスの人が多いと思うので、そこからビジネスの話が生まれたりする可能性もありそうです。

HafHの悪かったこと

とまぁこのようにすごく良い思いをさせてもらってるんですが、そんな中、利用開始した直後はどうしても不満なことが1つあり、腹を立てて「もう今月で解約させてくれ」と迫ったことがありました。これからの話は公式サイトにも書かれていない重要な内容なので、よく頭に入れてください。

予約確定までが遅く、1日以上かかる場合がある

ゲストハウスからすぐに海へ
HafHならこんな立地の場所に泊まれる!やだ素敵!

HafH最大の不満点で、私が解約を申し出た理由がこれです。

予約結果

例えばこちらをご覧ください。2020/08/01 20:06に予約申請をした結果、
8月3日(月) 13:58に予約が確定しました。申請から確定までに24時間以上かかっています。

実際HafHの公式サイトを見ると、このように案内されています。

予約はすぐに取れますか?
当サービスでは即時確定ではなく予約リクエストを申請いただきます。その後、施設側で空き状況などを確認し、予約確定の有無の通知が登録のメールアドレス宛に届きます。施設の営業状況によっては、当該通知を行うまで少し時間を要する場合がございます。

一般の旅行サイトだと申し込んだ時点で予約が完了します。しかしHafHの場合はホテル側が手動で空室確認しなければいけないので、時間がかかってしまうのです。

そしてこのような制度は宿泊者にとってとても不利になります。ホテル側としてはHafH経由で宿泊されるよりも、直接予約を受けた方が儲かるに決まっています。つまり予約申請を受けてもあえてすぐには返答せず、直接予約が来るまで保留状態にし、やっぱり予約がなかったらやっとHafHの申請を確定する、という行動パターンが考えられます。

ここに不安を感じたので、サポートに問い合わせてみたのですが、納得できない回答だったので、「そんなんならもう解約します」と告げてしまいました。(ただし思い返してみるとこの時の私の質問の仕方も悪かった)

しかしその後、HafHを利用して泊まった施設のオーナーさんから、HafHの仕組みについて教えてもらうことができました。聞くところによると、オーナー側には「申し込みがあってから48時間以内に返答する」というルールがあるようでした。

従って、これはあくまでも聞いた話であり必ずではないかもしれませんが、最長でも申し込みから48時間以内に予約が確定するようです。48時間というルールがあるのなら、延々と予約確定が引き延ばされる恐れもありません。

そんなわけで解約を撤回する旨を告げ、それを受け入れて頂き継続して利用できることになりました。

ご迷惑おかけしました。

  • HafHの予約確定にはタイムラグがある
  • 公式サイト上では「少し時間を要する」だが実際には24時間以上かかることがある
  • 物件オーナー情報によると最長でも48時間以内には予約確定される

簡単にまとめると以上の通りです。予約申請した結果、48時間後に「満室ですごめんなさい」と断られる恐れもあるので直前の旅行で使う場合はバックアッププランも考えておく必要があります。

HafHを使って楽しいゲストハウスに泊まろう!

ゲストハウスでの朝ごはん
ゲストハウスでの朝ごはん

そんな感じで紆余曲折ありましたが、きちんと仕組みを理解できた今となっては心に余裕ができ、楽しく利用させてもらっています。

HafHというサービスが良いぞ!というだけでなくて、「ゲストハウスに泊まる」ってこと自体がとても楽しいのでおすすめです。私もゲストハウス自体、最近知ったばかりなんですが、老若男女いろんな人が集まってきて、漏れなくみんな楽しい人ばかりで刺激的です。もっと若い時に知っておけば良かったと後悔しています。

冒頭の通り、今なら35%安く利用できるので、ぜひ利用してみてください。どこかの拠点でお会いしましょう!

HafH公式サイト

ところでGoToキャンペーンって何?

文中でも紹介しましたが、現在GoToトラベルキャンペーンという旅行がめちゃくちゃお得になるキャンペーンが行われています。楽天トラベルやじゃらん等では、対象のホテルに予約するだけで35%割引を受けることができます。

賛否あるキャンペーンではありますが、もしもどこかにお出かけの際にはGoToキャンペーンを活用することをおすすめします。詳しく解説しているので、こちらも読んでね。

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!