モジュール式アクションカム「Insta360 ONE R」発表 防水、ライカ共同開発の1インチセンサや全天球にレンズ交換 (1/2)
画像引用元:モジュール式アクションカム「Insta360 ONE R」発表 防水、ライカ共同開発の1インチセンサや全天球にレンズ交換 (1/2)

先日、Insta360 ONE Rなるアクションカメラが発売されると発表されて、界隈が盛り上がっています。レンズを組み替えて使ったり、1インチセンサーも搭載できたりでかなり注目度の高い商品です。

一方で私が気になったのが、Insta360独自の手ブレ補正技術「FlowState」が、Insta360 ONE Rではバージョン2.0にアップデートされたとのこと。

この「FlowState」はInsta360の旧機種でも搭載されていて、私が先日購入したInsta360 GOでもその素晴らしさを実感しております。マジでジンバル要らずでブレのない映像が撮れるので、「FlowState」の素晴らしさをお伝えします。

ジンバルはいらない!Insta360の手振れ補正は自転車やバイク乗車中でもめちゃくちゃスムーズ

Insta360 GOの付け方

Insta360 GOはこんな感じの小さなカメラ。専用のマグネット付きペンダントがついていて、服を挟み込む形でカメラを装着します。

やることはたったこれだけ。なので基本的な撮影はジンバルどころか手持ちでもありません。では作例をどうぞ。

特に注目して欲しいのがこの自転車の動画。段差を踏んだ時には当然画面上にブレも生じますが、全く不快なブレではなく、画質が維持されています。すごいぜ。

メモ
このInsta360 GO、実は縦に持っても横に持っても斜めに傾けても、自動的に水平に補正して撮影してくれます。この機能はFlowStateをオフにすると無くなるので、FlowState2.0でも搭載されると思います。

GoProやスマホの動画では、せっかく撮影しても斜めになっちゃった、なんてことがあると思いますが、FlowState対応のInsta360ならどう撮ってもきちんと水平にしてくれるわけです。

FlowState1.0は暗所に弱かったが、FlowState2.0で改善とのこと

その一方で全く褒められなかったのが暗所での撮影。少しでも光量が落ちるとモーションブラーが発生してしまい使い物になりません

しかし今回FlowState2.0にアップデートされることで、この問題が飛躍的に改善されたようです。以下の動画をご覧ください。

そもそもInsta360 GOとInsta360 ONE Rだとセンサーサイズも異なると思うので、ソフト面でもハード面でもより手ブレに強くなったと考えられます。そう思えば思うほど、Insta360 ONE Rが欲しくなりますな。

Insta360 ONE Rは最強のアクションカメラになりそう

そんなわけで欲しいか欲しくないかで言えば当然欲しいのですが、まぁGoPro HERO 7 Blackも所有している手前スルー。金を無限に持っているわけでもないのでね。ただもしもGoProを持っていなかったら間違いなく買ってました。

特に1インチ版は前述の通りかなり手ブレに強いと思うので、「買い」だと思います。発売後、いろんな人のレビューや作例を見るのが今から楽しみです。

Insta360のカメラが熱い

私はInsta360 GOでInsta360シリーズを知ったのですが、魅力的な商品がどんどん出てきて、非常に気になっています。

今後もきっとやべぇ製品を続々生み出してくれることでしょう。アクションカメラって「買ったは良いけどあんまり使わんかった」ってことも多いと思いますけども、このInsta360のシリーズならば新しい使い方もできるはず。是非チェックしてみてください。

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!