ビットコインの買い時を告げる笛吹
出典:中国のテーマパークにいたやつ

ビットコインが大幅な上昇を見せました。現在利確の流れもあり一時的に下がっていますが、今後もまた上昇して1,000万円を超えていく可能性が十分あるでしょう。そのため買い時に悩んでいるなら今購入するのがおすすめです。その根拠として、ビットコインETFの承認の可能性や、コロナショックの不透明感や海外の給付金が暗号資産(仮想通貨)に資金が流れていること、そして毎度価格の向上が見られる半減期が2021年内に行われる可能性が高いから、などが挙げられます。

みたいなそれっぽい根拠を掲げているサイトをいくつか見ましたが、あくまで可能性の話。ビットコインETFなんかも2017年くらいから何回か申請してるけど毎度拒否されてるし、給付金等の資金流入も今後も続くのかは怪しいところ。

てなわけで、実際買い時がいつかなんてのはすごく難しい話です。「じゃあ何かい?指咥えてみてろって言うのかい?」いやいや、いつが買い時かなんて簡単にわからないので、他人の情報を信じて大きな賭けをするより、積立投資をした方が良いってのがこの記事で言いたいことです。

サクッと要約
  • 毎月同じ金額ずつ購入する「積立投資」なら、買い時がわからない人におすすめ
  • 右肩下がりでなければ、継続するだけで儲かる可能性がある
  • コインチェックなら毎月1万円から自動で積み立ててくれるから便利
  • コインチェックはビットコインを貸し付けて金利相当の手数料を得ることもできる
\ビットコインの自動積立投資が可能/

コインチェック

  • 月々1万円からビットコインを自動的に積み立て購入
  • 積立投資の手数料無料
  • 貯まったビットコインは「貸仮想通貨サービス」で最大年利5%を獲得

ビットコインの買い時がわからないならホールド+積立投資だッ!!

石の上にも3年
石の上にも3年

ビットコインで儲かってる人って、相場を読める人だけでなくて、早かった人・諦めなかった人もたくさん該当すると思います。

で、今から早かった人になるのは無理なので、諦めない人になるのが1番手っ取り早いでしょう。なので「ビットコインを積み立ててホールド(放置)」が無難な選択肢でしょう。

吹き出しアイコン

ウサミミ
いわゆる"ガチホ"ですな

積立投資とは同じ価格だけ購入し続ける投資方法

南蔵院の涅槃像
積立投資を極めるとこうなる

積立投資とは定期的に同じ金額だけ購入する投資手法です。主に月単位で行います。例えば「毎月1日にBTC1,000円分を購入する」みたいな感じです。これを愚直に積み重ねていく投資手法なので、相場を見極める力はいりません。

国が推奨する私的年金制度のiDeCoも積立投資:
iDeCoという国が推奨している制度がありまして、これもまさに積立投資を使っています。しかもこのiDeCo、一度始めるとなんと60歳に達するまで引き出すことができないというなかなかストイックな制度です(中断や掛け金の変更は可能)。ただし、毎月の掛け金が控除対象になるので節税しながら老後資金を蓄えられるということで注目されています。

普通に考えたら60歳まで引き出せない投資なんてのは超怖いのですが、一括投資ではなくリスクの低い積立投資だからこそ成り立つわけです。ビットコインで積立投資する際にも、一喜一憂せず数十年後を見据えるくらいの気持ちでいましょう…。

今後の相場次第ではほったらかしでも儲かる可能性がある

集落内の建物
ほったらかしすぎた家

こんな感じで積立投資は初心者でもできる簡単な投資方法です。しかもこんな適当な投資でも高い運用成績を叩き出す可能性があります。

なぜなら毎月同じ金額だけ購入することで、購入単価が下がる可能性があるから。まぁシミュレーション結果を見てもらった方が早いです。

2020年1/1〜12/1の期間で資金12万円を投資した結果
  • A:1/1に一括投資
  • B:6/1に一括投資
  • C:12/1に一括投資
  • D:毎月1万円を分割投資

以上の条件で、2021年の1月時点の価格に対してそれぞれいくらの損益が生まれたかを比較。
※BTCの価格はその日の終値でTradingViewの価格に基く。

BTC積立投資シミュレーション結果1

ご覧の通り、最もパフォーマンスが良かったのは「1/1に一括投資したA」ですが、「積立投資のD」はこの中で2番目に成績が良かったことがわかります。

おそらく1/1の時点で仮想通貨に目をつけていた人はごく少数だと思います。6月付近で100万円台になった時点でもあまり話題にはならず、その後史上最高値更新が目前となった12月に多くの人が再び仮想通貨に注目し出したと思います。

しかし、もしも始めから「買い時なんてわかんねぇ」と結論づけて1月頭から淡々と積み立てていたら、比較的早めに目をつけた6月に一括購入した人よりも大きな利益を出せていた計算になります。

積立投資でも儲からない場合

当然だけど積立投資でも失敗するリスクはあります。まずスタート時点からずっと右肩下がりだと儲かりません。例えば先程のビットコインの価格を逆に並べると右肩下がりになるので、この場合で再びシミュレーションします。

BTC積立投資シミュレーション結果2
BTC価格の順番を逆に入れ替えた

※購入時の価格を揃えるため、一括投資Bは6/1購入から8/1購入に変更

右肩下がりだと、どの投資パターンでも買った時より価格が下がっているので、運用成績は全て赤字で、その順序も先程と真逆になります。

ただし右肩下がりでも、最終的に上がりさえすれば黒字になります。右肩下がりだった価格を、最後の1月については1BTC=120万円に戻ったと仮定してシミュレーションします。

BTC積立投資シミュレーション結果1
逆にしつつ翌1/1のBTC価格を120万円にした

するとこの通り、A以外は全て黒字化します。Aは1BTC=297万円で購入しているので、iBTC=120万円に戻っただけでは黒字化しません。しかしAと同じく1BTC=297万円の時に始めた積立投資Dは黒字になりました。なぜなら金額を分散して毎月積み立てたことで、平均購入価格が1BTC=101万円と、投資をスタートさせた時よりも下がったからです。なので1BTC=120万円に少し戻っただけで黒字化できました。

このようにたとえ積立投資を始めた時からどんどん値下がりしてしまったとしても、平均購入価格も下がっていくので、元の価格に戻るほど値上がらなかったとしても儲かる可能性があります

半値になっても儲かる積立投資:
だいぶ古い本ですが、積立投資の仕組みをより理解するのにおすすめの本があります。その名も「半値になっても儲かる積立投資」。要するに「購入当初から値下がって価値が半分になったとしても、積立投資なら儲かる可能性がある」ということです。まさに先ほどシミュレーションで見た通りですね。Kindleでも読めるのでチェックしてみてください。

ビットコインで積立投資を始める方法

さて積立投資についてわかったところで、続いてビットコインで積立投資する方法を解説します。

自動積立投資対応の仮想通貨業者を使うのがおすすめ

Coincheckつみたて | 仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)
画像引用元:Coincheckつみたて | 仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)

積立投資のやり方ってのはまぁ色々とあるんですが、1番おすすめなのは「自動積立投資に対応している業者を使う」こと。自分で買い付けると、どうしてもめちゃくちゃ下がった時に「これ大丈夫なの?」って考えて購入をスルーしちゃうことがあります。積立の有無を自分で判断しちゃうと、それはもう積立投資の効果がなくなっちゃいます。でも自動積立ならどんな相場でも無慈悲に買い付けてくれるので、やっぱり自動積立がいいんじゃないかなぁと思います。

そんな自動積立に対応しているのが、コインチェックとGMOコインの2社。積み立てる金額以外はそんな変わりません。

コインチェックとGMOコインのビットコイン自動積立比較
項目 コインチェック GMOコイン
積立頻度 毎月/毎日 毎月
最低積立金額 1万円 1,000円
注文単位 1,000円単位 1,000円単位
手数料 無料 無料

より少額から始めたいならGMOコイン、そうでなければコインチェックかなぁと思います。ちなみにGMOコインの場合はGMOコイン内の口座から引き落とされますが、コインチェックは指定した銀行口座から自動でコインチェック口座内に振り替えたうえで積み立ててくれます。つまり、コインチェックの方が残高不足になりにくいというメリットがあります。

コインチェックは毎月積立と毎日積立が選べますが、「積立投資における購入頻度は毎日も毎月もそんなに変わらない」というのが定石です。「ビットコインは価格変動が激しいから毎日が良い」派もいるんで、自分がやるなら毎日かなぁ?ちなみに毎日1万円購入するわけではなく、月1万円を日割りして積み立てていく感じになります。

やり方はどちらも簡単で、月々の購入金額を決定するだけ。そしたら後は定期的に、勝手にビットコインを買い増してくれます。

積立投資は途中で辞められる?:
もしも含み益が十分膨らんだり、諦めたりしたい場合にはいつでもサクッと積立を停止できます。手数料等も発生しません。銀行の定期預金とは違って特に縛りはないので、途中でやめることはできます。

\ビットコインの自動積立投資が可能/

コインチェック

  • 月々1万円からビットコインを自動的に積み立て購入
  • 積立投資の手数料無料
  • 貯まったビットコインは「貸仮想通貨サービス」で最大年利5%を獲得

貯まったビットコインは貸して稼ぐことも可能

貸仮想通貨サービス | 仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)
画像引用元:貸仮想通貨サービス | 仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)

コインチェックもGMOコインも、購入したビットコインを業者に貸し付けることで利用料を受け取ることができる、いわゆる「貸仮想通貨」サービスを提供しています。

詳しい仕組みは知りませんが、おそらく株で言う「貸株」と同じで、業者側は個人投資家から借りた仮想通貨を機関投資家に又貸しして利益を得ている仕組みなんだろうと思います。

で、このサービスを使えばまるで銀行の定期預金のように、預けるだけで金利相当の手数料を受け取れるのでおすすめです。これもコインチェックとGMOコインで詳細異なるので比較します。

コインチェックとGMOコインのビットコイン貸仮想通貨比較
項目 コインチェック GMOコイン
年利
  • 14日:1%
  • 30日:2%
  • 90日:3%
  • 180日:4%
  • 365日:5%
  • 1ヶ月:1%
  • 3ヶ月:3%
最小貸出数量 1万円相当以上 0.1BTC
最小貸出単位 1万円相当以上 0.1BTC
中途解約 不可 償還時に受取予定の貸借料の10%(貸借料そのもの受け取れず)
貸出開始日 枠が空き次第 毎月15日(土日祝の場合は翌営業日)

比較すると、コインチェックの方が少額からできて年利も高いのでおすすめです。ただし、コインチェックの場合、受け付けるかどうかは空き状況次第なので、必ずしもサービスを利用できるとは限りません。

GMOコインの場合は毎月15日に募集しています。申し込み多数の場合はキャンセルされることもあるようです。これが早いもの順なのか、抽選なのか、任意に選ばれるのかは不明ですが、興味があるなら15日をチェックしましょう。ただし、最小貸出量は0.1BTCと、だいたい10万円相当のBTCが必要になるのでご注意を。

その他注意点は主に2つあります。1つ目は、預け先の業者が倒産した場合、仮想通貨が返却されないこと。まぁいきなり倒産することはそうないと思いますが、大金を預ける場合はよく考えましょう。

2つ目は、貸付時よりも返却時の方が価格が下がってる可能性があること。例えばコインチェックで1BTCを1年間預ければ1.05BTCとなって返ってきます。しかし、預けた時は1BTC=300万円だったのが、返ってきた時は1BTC=200万円に値下がりしていた場合、5%増えてても210万円になってるので、数量は5%増えましたが90万円損していることになります。定期預金というよりは外貨預金に近いですね。

ただ少なくとも5%分数量は増えるので、いずれにせよ長期ホールドすることが前提なら、変動リスク承知で預けちゃってもいいと思います。我々にできるのは愚直に積み立てるだけですからね。

ビットコイン投資よりもおすすめしたいもの

イデコ公式サイト|個人型確定拠出年金iDeCo【公式】
画像引用元:イデコ公式サイト|個人型確定拠出年金iDeCo【公式】

ここまで力説しといていきなり何だよと思われるかもしれませんが、ぶっちゃけビットコインの投資はそこまでおすすめしません。確かにビットコインって結構夢があって、もし2018年の高騰時から現在まで諦めずに積み立てていたら、間違いなく数百万円以上の利益が得られたと思います。

でも、ビットコインをはじめ仮想通貨って税率が高いんですよね。税額はその人の年収等にもよるので一概には言えませんが、例えば課税所得が300万円の人がビットコインで200万稼いでも、60万円近く税金で持ってかれます。結構厳しい…。

というわけで、もしも投資でお金を稼ぎたいと考えているなら、文中でも紹介した「掛け金が控除対象になるiDeCO」や、「利益が非課税のNISA」を使った投資を優先した方がおすすめです。

自分の場合も先にiDeCOとNISAをフル活用して、続いて仮想通貨よりも税金が安い株式投資をしています。で、それ以外の余剰金を仮想通貨に入れてる感じで、投資先の優先順位としては最下位です。

ビットコインは一攫千金の夢がありますが、頑張ったわりに報われにくいのも事実。

吹き出しアイコン

ウサミミ
より優遇された制度のあるiDeCoやNISAの方が低コストなので、先にそっちにお金を回した方がいいよねって話ね

もしもまだなら楽天証券+楽天カード+つみたてNISAを使おう

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
画像引用元:楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)

「まだNISAもiDeCoもやってない!」って人は、楽天カードに入会して、楽天証券で口座開設して、つみたてNISAに申し込んで、投資信託の積立投資を始めましょう

初めての投資三種の神器
  • つみたてNISA:毎年40万円分の積立購入した分の利益が20年間非課税になる
  • 楽天証券:楽天カードを使って投資信託を購入することが可能
  • 楽天カード:楽天証券で投資信託を購入すると、楽天ポイントが100円につき1ポイントが貯まる(還元率1%)

てなわけで、つみたてNISAによる非課税のメリットと、楽天カード+楽天証券でのポイント還元のメリットをダブルで享受できます。先が見えない投資の中で、課税されない+ポイント還元があるのはかなりのアドバンテージ。資産形成のために投資するなら、まずはこれやっとけば問題ないでしょう。

投資信託の種類はめっちゃくちゃたくさんあります。おすすめは「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」です。手数料が安く、これ1本で世界中に投資できるので簡単に分散投資できます(日本の銘柄はない)。ただ基本的に米国株を中心とした構成なので、アメリカ次第な感じもあります(投資なんてだいたいそうだけど)。

吹き出しアイコン

ウサミミ
あと「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は数年前に登場した投資信託なので、もしかしたらは今はもっと優れたものもあるかもしれない

とまぁまずはこういう条件が良いところを優先してお金を注入しつつ、余剰金でビットコインなりに手を出すことをおすすめします。堅実にやってこうよ。

\楽天証券でカード決済できる/

  • 楽天証券で、楽天カード決済による積立投資が可能
  • 年会費無料で1%のポイント還元率
  • 楽天市場での買い物でポイント2倍

そして私は株の少額投資でお小遣いを得ています

「いやいや!老後資金なんて取らぬ狸の皮算用!必要なのは今なんだよ!」という人は、投資信託用のつみたてNISAではなく個別株用の通常のNISAを使って売買することをおすすめします。

しかし、個別株だと100株単位での取引になるので、1回取引するだけでも数十万円の資金が必要になるケースも。そこでおすすめなのが、NISAは使えませんが1株単位で取引できるSBIネオモバイル証券です。ここなら1,000円もあれば株を取引することができます。また、取引手数料が安いのも強み。私もこのSBIネオモバイル証券を使って日々取引しながら日銭を稼いでいます。

関連記事
あなたに痛み分け
userimg
斎藤
いたみわけ.comは、斎藤が「低予算で旅行を楽しむ」をモットーに活動している様子を記したブログです。B級スポット(珍スポット)節約術を主なコンテンツとして日々更新しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!