仮想通貨の審査に落ちた理由を解説
めちゃくちゃ丁寧に解説してくれそう

仮想通貨口座開設の審査に落ちた理由はシンプルで、「投資するだけの余裕がない」とみなされたからです。逆に、「借金がある」「残高不足でクレジットカードの支払いを一週間滞納した」みたいなことは一切影響しません。

では仮想通貨の口座開設審査で何が重要視されるのか、そして審査に落ちたらどんな対策をすれば良いのかを解説します。正しい知識を身につけて無駄な努力をしないよう気をつけましょう!

当サイトでの「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを意味します。

サクッと解説
  • 仮想通貨の審査落ち原因は「低収入等で投資する余裕がないと判断された」からが主
  • 借金や滞納、個人信用情報などは無関係
  • 審査に落ちたら、自分の収入状況でも審査に通るまで別の会社に申し込み続けるのがベスト
  • コインチェックは取引手数料無料で取引所が使えるので絶対に口座開設するべき
\無職でも審査に通る可能性あり/

コインチェック

  • 職業選択欄に「無職」あり!例え無職でも審査に通る可能性あり=狙い目
  • 取引所あり+取引手数料無料!最強の取引環境
  • 積立購入や貸仮想通貨サービスあり

仮想通貨の審査に落ちた主な理由

低年収・無職などで投資をする余裕がないと判断された

純粋な目をしている地蔵
生活の余裕はないけど心は豊かそう

何度も言う通り、仮想通貨の審査に落ちる原因は主に資産です。口座開設時に入力した年収・職業・勤続年数などの情報から、「生活資金ではなく余剰資金の範囲で取引しているか」「長期的に取引してくれる人かどうか」などを判断します

仮想通貨交換業者にとって一番利益になるのは、たくさん取引して手数料を払ってくれる人です。そのため、金融資産が乏しくすぐ退場してしまいそうな人はあまり歓迎されません。また、そういう人を審査に通してしまうと、生活資金まで仮想通貨に注ぎ込んで身を滅ぼしてしまう可能性もあります。ある意味で、投資家を保護するためにも審査に落としていると思います。

金融資産はいくらが目安?:
「じゃあ審査に通るためにはいくらの資産が必要なのよ」と言われると、これはまぁ業者によってマチマチだと思います。また、例え年収が低くても会社員であれば安定しているので審査に通す、ということも考えられます。ただ冒頭紹介したように、コインチェックは職業選択欄に「無職」が用意されている=無職の人の申し込みも想定しているので、こういうところから各業者がどういうユーザーからの申し込みを想定しているのか、確認してみると良いと思います。

それ以外の理由で審査に落ちることはほとんどない

ヤンチャな地蔵
親が金持ってそう

金融資産の不足以外の理由で審査に落ちることはあんまりありません。未成年とか、反社会的勢力とか、過去にその会社でなんか迷惑かけたとか、そういうレベルなのでほとんどの方は関係ないでしょう。書類不備の場合でも基本的には業者から再提出を求められるのが普通で、いきなり審査落ちするわけではありません

また、仮想通貨の口座開設の審査では申し込み時に入力した情報だけで審査を行います。借金の有無や破産歴、滞納履歴なんかは入力する必要がないので、一切関係しません

クレジットカードやローンの審査の場合は、個人信用情報を確認することがあります。仮想通貨ではそれもありません。そのため、ブラックだとか、多重申込だとか、そういう概念もありません

仮想通貨の審査に影響しない主なもの:
  • 期間問わずクレジットカード、ローン、分割契約した商品等の滞納履歴
  • 携帯料金の踏み倒し
  • 借金、ローン、リボ残高の有無
  • 自己破産、任意整理、個人再生履歴
  • 他社の申込履歴
吹き出しアイコン

ウサミミ
「クレジットカードを持てない」「お金を借りられない」そういういわゆる「ブラック」な人でも、仮想通貨の審査には影響ないよ。クレジットカード会社みたいに、利用者が破産したら会社が被害を受けるわけじゃないからね。
おすすめ仮想通貨交換業者
  • 取引所あり+取引手数料無料!
  • 最もコストに優れた取引環境で仮想通貨の売買が可能

仮想通貨の審査に通らない人でも口座開設するための対策方法

では一度審査に落ちた人が、改めて審査に通るためにはどうしたら良いのか?思いつく限りでは「余裕を持って投資できるように資産を増やす」「現状でも審査に通る会社が見つかるまで申し込み続ける」の2つかなと思います。それぞれ説明します。

就業・貯金等で投資できるだけの余剰資産を作る

工事現場の道路標識
労働しよう

めっちゃ当たり前のことですけど、仮想通貨の審査に落ちる原因が主に「資産不足」ならば、資産を増やすのが最適な対策方法です。少なくとも、無職の人ならパートやアルバイトを始めることで審査に通る可能性が高くなると思います。また、仕事環境を変えるのが難しければ、節約して貯金を増やすのも対策方法の1つになります。

ただいずれにしても労力が大きいし、時間もかかるので、まぁ難しいですよね。

審査に通るまで別の会社に申し込み続ける

もうちょっとやりやすい対策をと考えると、やっぱり次から次へと申し込み続けるしかないのかなと思います。審査基準は各社マチマチなので、資産100万円以上ないとダメという会社もあれば、10万円あればOKという会社もあります。となると、結局は自分の今の状況でも審査に通れる会社が見つかるまで、申し込み続けるのがすぐできる対策です。

ただ仮想通貨交換業者にもたくさんあるので、おすすめな業者を紹介します。

仮想通貨の審査に落ちた人におすすめする取引所

コインチェック:無職でもOK!?取引所ありで取引手数料無料!最強取引所

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)
画像引用元:仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

仮想通貨の審査に通らない人に最もおすすめするのは、コインチェックです。その理由は、無職でも審査に通る可能性があるからです。

コインチェック申し込み時に、職業を選択肢から選びます。その中に「無職」が用意されています。他社をみると、そもそも職業欄に「無職」が用意されていないこともあります。つまりそもそも無職の人の申し込みを受け付けていないわけです。

しかしコインチェックには「無職」がある。ということは、無職の人が申し込んでも、審査に通る余地があると考えられます。そして無職の人でも審査に通る可能性があるということは、少なくともそうじゃない業者よりも審査基準が低いのだろうと考えられます。これがおすすめする理由の1つ目。

2つ目は、単純に取引環境が優れていることです。仮想通貨の購入窓口には、「取引所」と「販売所」の2種類があります。例えばコインチェックの場合「取引所」と「販売所」があります。しかしDMMビットコインには「販売所」しかありません。

で、大事なのは「取引所」があるかどうかです。実は仮想通貨を売買する際、取引所の方が圧倒的に良いレートで売買できます。その理由はちょっと複雑ですが以下の通り。

  • 取引所:利用者同士が通貨を売買する場。業者は取引手数料で利益を得る
  • 販売所:利用者が業者を相手に売買する場。業者は販売価格に手数料を上乗せして利益を得る

取引所では業者は取引に参加せず、手数料で利益を得ます。一方販売所では業者自ら取引に参加します。そのため、場合によっては損失を被ることもあります。そうなりにくいように、スプレッドと呼ばれる実質的な手数料を売買価格に含ませておきます。よって、販売所では業者に有利なレートで売買することになるわけです。

販売所は「注文が簡単」「絶対注文が成立する」というメリットもあります。しかしあなたが仮想通貨を売買する理由は「儲けたいから」のはず。販売所は最初から悪いレートで売買することになるので、これを使う理由はないです。

というわけで、コインチェックには「取引所」がちゃんとあるので安心です。しかも珍しく、取引所での取引でも手数料がかかりません。これはかなりすごい。

なんで取引所なのに手数料が無料なのか。その理由の1つは、「販売所」で儲けているからだと思います。取引所は使い方がよくわからないからという理由で、販売所で取引する人が一定数いると思います。そういう人たちのおかげで、取引所の手数料が無料で提供できるんでしょうね…。

吹き出しアイコン

ウサミミ
「販売所を使う人=養分」です!しかし、自分も昔は何も知らず販売所使ってました…。
\無職でも審査に通る可能性あり/

コインチェック

  • 職業選択欄に「無職」あり!例え無職でも審査に通る可能性あり=狙い目
  • 取引所あり+取引手数料無料!最強の取引環境
  • 積立購入や貸仮想通貨サービスあり

取引所と販売所の見分け方:
業者によっては「販売所」「取引所」と明記されていないこともあります。でも見分けるのは簡単。基本的に取引所では「板」があり、せわしなくたくさんの数字が流れます。また、数量だけでなくレート(価格)も自分で入力します。販売所では業者がレートを決めるので、数量の入力欄しかありません。

吹き出しアイコン

ウサミミ
既にコインチェックに申し込み済みな人は、再申し込みしてもOK。もちろん会社変えても良いけど、コインチェックと同じように取引所あり+取引手数料無料の会社だと、SBI VCトレードとかビットポイントとかかなぁ。ポイント使えて人気もあると思うけど、楽天ウォレットは販売所だけだからダメよ。

仮想通貨の審査に落ちても気にしなくて大丈夫!

てなわけで、仮想通貨の審査の仕組みは以上の通り。仮想通貨の審査に落ちてもあんまり引きずっちゃってもよくないです。さっさと切り替えて次に行くのが懸命ですね。

紹介したコインチェックは、積立投資にも対応しています。これを使えば毎月一定金額分のビットコインなどを積み立ててくれるので、値動きの激しい仮想通貨には最適な取引方法だと思います。自分も積立投資ではないですけど、目安のラインまで下がったら買う、というのを繰り返しています。

関連記事