王朝ホテル
リスポーン地点

気がついたら廃墟にいました。ここは石川県加賀市の山代温泉です。こちらに「王朝ホテル」とも呼ばれる超絶イカした廃墟があると聞いたのでやってきました。

その内装はさながらどこかの宮殿のよう。よく言えば立派、悪く言えば悪趣味なこの廃墟の様子をご覧ください。

まずは廃墟の様子を収めた動画をご覧ください

「王朝」の通称も納得の豪華な廃墟ホテル

ホテル内部
海外とダルマ

外観は一部パルテノン神殿的な華やかさも垣間見えるものの、全体的に見ればそこまで派手さはありません。しかし中に入ればご覧の通り、宿泊客を出迎える絵画の数々。

見上げればシャンデリア
見上げれば王朝

なるほどこいつは確かに豪華なホテルだぜ。床、壁、柱、天井、あらゆるものが隙を見せないオシャレデザイン。

実はこのホテルの公式サイトがこっそりと現存していて、そちらによると「王朝文化をイメージした」とのこと。王朝文化ってのが具体的に何を表しているのか若干分かりませんが、なんとなくイメージは伝わる。

王朝チェア
王朝チェア

こんな豪華なホテルですが、山代温泉という若干寂れた温泉街のホテルということもあり経営が苦しかったのか、1954年の創業から約50年を経て閉業、廃墟化という悲しい晩年となってしまいました。

ただこういう絢爛豪華な物件は、廃墟になってからまた味が出て素敵だと思います。廃墟マニア的意見。

とにかく見て欲しいのは屋上プールと風呂

大浴場への案内

この物件、ボチボチと見所はあるのですが中でもあなたに一番見て欲しいのが大浴場。しかもただの大浴場ではなく「大浴場 気分はパラダイス!」という名前の大浴場。

隙あらば絵画

赤絨毯にこれまた大きな絵画。ここまでくるとホテルというよりもテーマパーク感ある。

脱衣所

脱衣所はまた豪華に。これだけ派手だと落ち着いて服脱げませんぞ。

脱衣所前掲

やたらと広いぜ。

浴槽

大浴場にはもう絵画から飛び出して像まで設置してある。

天井が高い浴槽

もう一つの浴場。こちらは天井が高く、窓も大きくて開放的。これぞテルマエロマエの世界観。ただ内容のわりに浴槽そのものは小さめ。

加賀大観音

窓からは加賀が誇る大観音、加賀大観音が見えました。遠目に見ると立派だけど、実はあそこもほぼ廃墟。

屋上プール

見所その2。屋上プール。これね、ホテルの屋上なんですよ。こんな高い場所にウォータースライダーあるの。すごい怖い。

屋上スライダー

屋上にプールなんてマリーナベイサンズみたいだぜ!と言うにはあまりにアレですが。でもゴチャッとした感じといい、サビれた雰囲気といい、これはこれで非常に良い。

綺麗すぎる客室とハト糞まみれのやばいフロア

状態の良いベッド

おいおい現役か。そう思わずにはいられない、見事な客室がありました。

そうそう、このホテルが閉業したのは2010年のこと。つまりおよそ10年間放置されているわけですが、このように非常に綺麗な状態が保たれていることは驚きです。

状態の良いリビング

リビングもとても清潔感がある。普通に私の家より綺麗。廃墟以下の家ってどうなってんだ!

素敵な廊下

こちらは高級和室エリア。廊下は真っ暗。

円窓の部屋

こちらの客室は和風テイスト。円窓がおしゃれ。

綺麗な和室

住みてぇー。けど電気も水道も通ってないので、利便性においては我が家の方が上。

汚い廊下

そんな綺麗な部屋がある一方で、荒廃しているエリアもある。

ボロボロの部屋

この辺の差はなんなんですかね。屋根裏にへそくりでもあったのか?

鳩の糞が堆積した廊下

そしてこちらはまた別の階の高級和室エリアなんだけど、このフロアだけなぜか鳩の糞がとんでもないことになっていた。この地面にある泥みたいなのが全部鳩の糞だと思います。呼吸するだけで病気になりそうです。

汚い部屋

室内もかなり厳しい感じに。少し足を踏み入れただけですぐ引き返しました。完全に腐海です。

これはこれで芸術的

廊下に置かれていた花は枯れ果ててこれはこれで芸術感あり。しかし造花ではなく本物を使っていたところはなかなかすごい。

キッチン

これはキッチン。ホテルのキッチンはどこも光が差し込みにくいところにあるので、廃墟になると大抵真っ暗。それゆえに惹かれるところあり。

カーテン

ここだけ装飾がゴテゴテしておらず、また、レースのカーテン越しに差し込む光が美しかった。ただまぁ、よく見ると天井に穴が空いていたり、汚い。

以上。

この記事の撮影機材
カメラ1:RX100M6
カメラ2:GoPro HERO7 Black
カメラ3:Insta360 GO

廃墟+螺旋階段=好き

冒頭の動画のサムネイルでも掲げた通り、螺旋状に見える階段は非常に美しくて被写体として好きです。もちろん現役の階段でも構いませんが、廃墟の螺旋階段だとなお良し。

先日見かけたこちらの廃墟にも、素敵な螺旋階段がありました。ぜひ一緒にご覧ください。

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!