manaca

名古屋の皆さんこんにちは。名古屋市民におなじみの交通系ICカードのmanaca(マナカ)が、3月14日にオートチャージに対応するそうです。

manacaのオートチャージを利用するには、対象となるクレジットカードに入会する必要があります。これがまたなかなか良い感じのカードで、オートチャージ金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まります。つまり、現金でチャージするよりもお得になるわけです。

もはや今manacaを使って名古屋市交通局(東山線とかね)を利用している人なら、誰もがお得になるクレジットカードだと言えます。てなわけでmanacaユーザーのために、オートチャージの利用方法や、オートチャージが可能になるクレジットカードに関する情報を紹介していきますよ。

3/14から名古屋市交通局の85駅でmanacaのオートチャージが可能に

東山線伏見駅

オートチャージとは、manacaで改札に入場する際に、残高があらかじめ設定した金額以下だと、これまた事前に設定したクレジットカードから自動的にチャージされる機能のことです。SuicaやPASMO、SUGOCAなどは以前から使用できたサービスで、今回ついにmanacaでもできるようになるわけです。

オートチャージに対応予定の改札は名古屋市営地下鉄の85駅です。上小田井駅と上飯田駅は除いて、東山線・名城線(名港線)・鶴舞線・桜通線・上飯田線の駅であれば利用可能です。あおなみ線や名古屋市バスでは対象外なので気をつけてください。

もちろん名鉄やJRも対象外です。ちなみに名鉄は2年前くらいに中の人に、オートチャージを導入する予定があるのか聞いたら、「対応したいけど費用が…」って言ってたので今後も厳しいんじゃないかな。

また、SuicaやPASMOのオートチャージに対応している駅でmanacaを利用しても、オートチャージできるわけではありません。逆に、今回manacaのオートチャージに対応した東山線でSuicaを使っても、オートチャージは利用できません。あくまでSuicaはSuica対象の駅で、manacaはmanaca対象の駅でしかオートチャージできません。改札を通ること自体はできます。

オートチャージができるようになることで受けられるメリットは以下の3点。

  • 改札で残高不足によって閉じ込められることがなくなる
  • 券売機でチャージする必要がなくなる
  • チャージ金額に応じてクレジットカードの利用ポイントが貯まる

1つ目と2つ目は言わずもがな。今後はいちいち現金でチャージする必要がなくなったので嬉しい限りです。そしてさらに嬉しいのが3つ目のメリット。チャージ金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まるので、現金でチャージするよりもお得にチャージできるわけです。

では今回新たに発表された、manacaにオートチャージ可能なクレジットカードについて紹介します。

オートチャージに必要なクレジットカード「wellow card manaca」と「wellow card」

オートチャージを利用するためには2つ必要なものがあります。1つは記名式manaca。manacaの向かって左下に、自分の名前が印字されていればそれは記名式manacaです(写真ではモザイクで消えてますが)。されていなければ駅長室やマナカ対応券売機にて記名式manacaに変更しましょう。

なお、manacaには名古屋市交通局発行のものと、エムアイシー(名鉄)発行のものの2種類がありますが、オートチャージに対応するのは名古屋市交通局発行のmanacaのみです。自身が使っているmanacaの裏面に、「株式会社エムアイシー」と書かれていたらアウトです(笑)

ちょうど私のmanacaはエムアイシー発行でアウトでした。

もう1つ必要になるのが、3月1日から募集を開始する「wellow card manaca(ウィローカードマナカ)」と「wellow card(ウィローマナカ)」のどちらかのクレジットカードです。

どちらも基本的には同じクレジットカードなんですが、wellow card manacaはクレジットカードとしてだけでなく、記名式manacaとしても使えます。また、manaca定期券として利用することも可能です。一方wellow cardはクレジットカードとしてしか使えません。

また、wellow card manacaはMastercard、VISA、JCBの3種類の国際ブランドから選ぶことができますが、wellow cardはMastercardからしか選べません。

前述の通り、私が使っているmanacaはエムアイシー発行のものでオートチャージに対応していないものなので、manaca一体型のwellow card manacaに入会しようと思います。エムアイシーのmanacaは払い戻そ。

年会費は実質無料で、チャージ金額に応じてポイントが貯まる

wellow card manacaもwellow cardも、年会費は初年度無料で、2年目から1,250円(税別)がかかります。ただし、年に1回でもカード決済を行えば、翌年度の年会費が無料になります。

つまり、毎年1回manacaにチャージすれば、ずっと無料で持てるわけです。

そしてmanacaへのチャージ金額1,000円につき、1ポイントが貯まります。貯まるポイントの名称は「暮らスマイル」と呼ばれるものです。暮らスマイルは使い道が少なくて、ぶっちゃけあんまりイケてないポイントなんですが、暮らスマイルからオリコポイントに交換することで、Amazonギフト券とかTポイントとか、それなりにイケてるアイテムに交換できるようになります。

暮らスマイルは1ポイントで5円分の価値を持つので、まとめると1,000円チャージで5円分のポイントが返ってくる計算です。還元率で言えば0.5%です。クレジットカードの中ではまぁそんなに高い還元率でもないんですが、manacaにチャージしてポイントが貯まる唯一のクレジットカードなので、1ポイントでも貯まるならありがたいです。

てなわけで、私はmanacaにチャージするためだけにwellow card manacaに入会します。年会費実質無料だし、デメリットもないからね。

あとなんかビックカメラとかで優待特典を受けられるらしいんだけど、まぁどうせたいしたことないやつなのであんまり期待はしていません。

入会キャンペーン実施中

wellow card manaca、wellow cardは、3月1日の新規申し込み受付開始からしばらく新規入会キャンペーンを行うそうです。なので早めに入会しておくと良いね。

(1)ご入会で1,000オリコポイントプレゼント

2018年3月末日までにご入会いただいた方全員に、1,000オリコポイントを進呈いたします。

(2)最大4,000オリコポイントプレゼント

2018年3月末日までにご入会いただき、2018年5月31日までに30,000円以上ご利用の方に最大4,000オリコポイントを進呈いたします。

※オリコポイント獲得には条件がございます。
※詳細につきましては、オリコWebサイトのウェルカムキャンペーンをご覧ください。

(3)抽選で名古屋マリオットアソシアホテルランチ券、オリコポイントプレゼント

2018年3月末日までにご入会いただき、2018年4月30日までにご利用金額合計30,000円を一口として抽選で10組20名様に、名古屋マリオットアソシアホテルランチ券をプレゼントいたします。また、100名様に3,000オリコポイントを進呈いたします。

(4)マナカのオートチャージで暮らスマイル2倍プレゼント

2018年5月31日までマナカのオートチャージで暮らスマイルが2倍たまります。通常1,000円につき1スマイルのところを期間中はさらに1スマイルを追加いたします。

入会ページはこちらです。3/1までは申し込めませんが。

http://www.wellow.jp

余談:名古屋市地下鉄を使う機会があるのに、TOICAやSuicaを使っている人は考え直そう

名古屋駅

愛知県民だとmanaca以外に、JR東海が発行しているTOICAを利用している人も見かけます。しかしTOICAユーザーよ!あなたは間違っている!

manacaって、名古屋市地下鉄とか市バスで使うとポイントが貯まってめちゃくちゃお得になるんです。詳しくは以下の記事を見てほしいんですが、「月に2,000円以上地下鉄・市バスを使うなら、還元率10%になる」んです。これは日本で出回っている交通系ICカードの中でも、ダントツトップだと思われます。

一方でTOICAには全くポイント制度がなく、1円もお得になりません。Suicaに関しても、関東ではオートチャージできたり、加盟店でSuica払いするとポイントが貯まったりして多少お得なんですが、東海地方で使ってもTOICA同様1円も得しません。

なのでもしもTOICAやSuicaを使って地下鉄や市バスに乗っている人がこの記事を読んでいたら、wellow card manacaあるいはwellow cardに申し込んだ方がいいと思うよ。