名古屋の路線図
画像引用元:路線図 | 地下鉄 | 名古屋市交通局

こちらは名古屋市営地下鉄の路線図です。名古屋市民なら毎度お馴染みのいつもの路線図ですね。

  • 名古屋を代表するマンモス線!「東山線」
  • 名古屋の山手線!「名城線」
  • お花見なら任せとけ!「鶴舞線」
  • たまに使うぜ!「桜通線」
  • たまに乗り間違えるぜ!「名港線」

とまぁ見慣れたラインナップの中で異彩を放つのが、「平安通」から縦に1本伸びてるピンク色の線。そう、この1本の線が今回の主役、「上飯田線」です。

恐らく名古屋市民に、「地下鉄路線全部答えてください」とクイズを出せば、間違いなく「上飯田線」は忘れられる存在。乗ったことある人自体少ないのではないでしょうか。

そんなわけで、本日はこの謎の存在「上飯田線」と、上飯田駅にそびえる「名鉄上飯田ビル」についてご紹介します。

実は待望の存在だった上飯田線

名鉄上飯田ビル周辺
上飯田駅周辺

今日の物語は上飯田線の終着駅、上飯田駅から紡いでいきます。まぁ上飯田線には「上飯田駅」と「平安通駅」しかないのですが。

上飯田駅から平安通駅まではなんと0.7kmです。わずか0.7kmしかない区間にわざわざ1本の線路を引いたわけです。外から見ればなんて税金の無駄!(市営だからね)と思われるかもしれませんが、当事者たちにとっては大変に意味のあるお仕事だったわけです。

名古屋の路線図
画像引用元:路線図ドットコム ■名古屋市内鉄道路線図

その理由がこれ。名古屋には市営地下鉄だけでなく、名古屋鉄道(通称「名鉄」)やJR東海など、いくつかの鉄道会社があります。

んで、問題だったのが「名鉄小牧線」。この路線、犬山や小牧などの住宅街から、名古屋の中心街である大曽根方面を結ぶ路線なのですが、惜しいことに「大曽根駅」まではたどり着けず、その数キロ手前の「上飯田駅」で無念の終点を迎えます

そんなわけで、名鉄小牧線を利用して名古屋の中心街に行くには、「上飯田駅」から0.7kmを歩いて名古屋市営地下鉄名城線の「平安通駅」に向かう、あるいはバスに乗り換えて移動する必要がありました。かつては「上飯田駅」で降りた人々が、ぞろぞろと南に向かって一斉に歩く様が見られたそうです。

そんな状態を解消するために上飯田線が登場し、わずか2駅0.7kmの区間ではありますが、快適に住宅地と中心街を行き来できるようになったわけです。

また、上飯田線と名鉄小牧線は直通運転をしています。なので一度上飯田線に乗ってしまえば乗り換える必要なく、犬山や小牧まで行けるのです。

ちなみに開業当時は、直通運転とはいえ運営会社が異なるので、上飯田線で乗務員の交代が行われていたそうです(名古屋市交通局⇄名鉄)。しかし1区間だけのために交代するのはあまりにも無駄、ということで現在は上飯田線も名鉄の乗務員が行なっています。

そして誕生した珍スポット「名鉄上飯田ビル」

名鉄上飯田ビル全景
名鉄上飯田ビル全景

さて、話を上飯田線開業前に戻します。1994年に、名鉄小牧線「上飯田駅」と名古屋市営地下鉄名城線「平安通駅」をつなぐ「上飯田線」の工事が開始されました。

この路線を繋ぐわけですが、「上飯田駅」は当時、写真の「名鉄上飯田ビル」の2階部分に駅があり、「平安通駅」は地下鉄なので地下に駅がありました。これらを繋ぐために、「上飯田駅」は従来の2階部分を閉鎖し、駅を地下に移転させました。

正面から名鉄上飯田ビル

そんなわけでこの「名鉄上飯田ビル」、めちゃくちゃ駅ビルっぽいのに駅ではない不思議なビルとなってしました。

名鉄上飯田ビルの入り口
階段をのぼった先には何もない

見てくださいこの写真。このまま真っ直ぐ進んだ先の階段を登れば駅が見えそうでしょ?でも違うんです、正解は点字ブロックが示すように、右に曲がって地下に行かないと駅にたどり着けません

名鉄上飯田ビル内部1

そしてビル内もこのように、駅だった頃の面影が随所に残されています。

名鉄上飯田ビル内部2

当時駅があった2階部分は、ほぼもぬけの殻となっています。

名鉄上飯田駅があった場所

現在封鎖されていますが、写真奥の怪しい扉の奥が駅でした。

南知多ビーチランドの広告

名鉄のビルなので、名鉄が作ったテーマパークの広告が貼られています。でも南知多まで行くの遠いよ。

駅の北側に行くと、2階部分に当時のホームが塞がれている痕跡を見ることができます。

上飯田線は日本一短い鉄道路線!?

2つの上飯田入り口

以上の通り、上飯田線は「平安通駅」と「上飯田駅」のわずか2駅をつなぐだけの路線であり、日本一短い路線だと言えます。しかし実は神戸電鉄神戸高速線(通称「南北線」)も「新開地駅」と「湊川駅」をつなぐだけの路線なので、日本一は上飯田線と南北線が並ぶようです。

ただし南北線は全長0.4kmなので、距離で言えば日本一短い路線は南北線です。おめでとうございます。ちなみに南北線も上飯田線同様、所有者で言えば神戸高速鉄道なのですが、神戸電鉄に運営を委託し、「湊川駅」からは神戸電鉄有馬線となって直通運行します。

この記事の撮影機材
カメラ:X-T20
レンズ:XF16-55mmF2.8

上飯田線(名鉄上飯田ビル)の詳細情報

公式サイト:上飯田連絡線ホームページ
住所:〒462-0808 愛知県名古屋市北区上飯田通2丁目40−1
電話番号:052-981-6437(上飯田連絡線株式会社)
場所:Googleマップで見る

営業時間:ビルはいつでも
入場料:ビルは無料
駐車場:たぶん有料

備考:昔は平安通どころか、高岳、新栄、果ては金山まで延伸する計画があったんだって。

関連記事:電車が乗り入れるビルといえば、姫路モノレールの「高尾ビル」

かつて姫路には、「名鉄上飯田ビル」と同じく、ビル内部に駅を持つ「高尾ビル」というものがありました。姫路モノレール自体が廃線となった結果、この高尾ビルも解体され、当時の駅「大将軍駅」もろとも、現在は更地となっています。

しかし、運よく私はこの駅ビルがまだ健在だった頃に訪問することができました。モノレールがビルに飲み込まれていく、ユニークな様子をぜひご覧ください!