中城高原ホテル
これが… 世界遺産の中城城跡…?

2月の話をします。まだ元号が令和ではなく平成だった頃、あまりに寒かったので沖縄に行きました。ちなみにANAのプレミアムエコノミーで行きました。バリ快適っすねあれ。ANAラウンジもそれなりに優れた設備で良かったです。

で、沖縄に行った目的その1が中城城跡と、その目の前にある廃墟、中城高原ホテルです。これらのスポットについて紹介していったり、しなかったりします。アロハ!

中城城跡と中城高原ホテル

中城高原ホテル
あれが天守閣…?

はいまず問題は読み方ですよ。「中城城」て。これ、「なかぐすくじょう」と読むそうです。「なかぐすく」の城だから「中城城」。でも「グスク」って「城」って意味じゃないのか??

で、城跡という文字がつくくらいなのでもちろんここはお城の跡なのです。14世紀後半に築城されたそうなので、西暦で言うと1,400年頃に建築されたそうです。2000年には世界遺産にも登録され、沖縄屈指の観光スポットと言える場所です。

「ほう、そのお城というのが、写真中央に写っているものなのかね?」と、みなさん思われたことでしょう。ところがどっこいこの構造物は、「中城高原ホテル」という廃墟です。

この中城城は、世界遺産と廃墟が隣り合わせという、ある意味珍スポットでもあるわけです。ではそれぞれについてお話ししていきましょう。

世界遺産!中城城跡にて

中城城跡入り口

那覇市から車で下道を行くこと40分、狭い道をくねくねと進むと、中城城の駐車場に到着します。車を放置して進んでいくと、観光地とは思えないようなやたら物々しいゲートがある、そこを抜ければ中城城跡です。

中城城跡料金所

さすが世界遺産!というわけでここから先は有料です。入場料400円を払いましょう。

俺を誘う電動カート

料金支払い後、中城城跡までの道は無料の電動カートが観光客を誘ってくれます。

中城城跡

さぁ中城城跡!というわけでこちらは遺跡のように、原っぱの上に石が積まれています。昔はさぞかし大きなお城だったのでしょうが、残念ながら残っているのは石垣だけ。とはいえ沖縄で現存しているグスクの中では遺構が多い方なんだそうです。

また、ペリーが沖縄に立ち寄った際に、「日本の技術イケてんじゃん…」と書き残したとも言われています。

遺跡のような中城城跡

でも広大な敷地とこの草原。そして沖縄の広い空ときたら、やはり本土の城跡とは雰囲気が異なります。どことなく醸し出される海外テイスト。さすが琉球王国、やはり異国情緒があふれています。

中城城跡ではなく中城高原ホテル
やぁ、僕は中城高原ホテル。中城城跡とは無関係だよ

というわけで中城城の正門に戻ってきました。そう、この建造物は中城城の天守閣でもなんでもなく、中城高原ホテルと呼ばれる廃墟です。

廃墟と世界遺産が隣り合う
廃墟と世界遺産が隣り合う激シブスポット

ちょうど中城城の正門と、中城高原ホテルは向かい合う形で隣り合っているのです。いやが応にも目に付く廃墟…。一緒にこの知恵を訪れた他の家族たちも、あの廃墟はなんだとめちゃくちゃ気にしていました。そりゃそうだ。

中城高原ホテルは2020年内に解体が予定されている

中城高原ホテルと立入禁止の看板
中城高原ホテルは廃墟マニアの間で地味に有名なスポット

というわけで潜入!と行きたいところでしたが、解体が決まっている物件だからか、なかなか厳重な警告があり二の足を踏んでしまいました。また、そもそも世界遺産の正門前ということもあって、ある程度人の目があり、真昼間からの潜入は厳しそうでしたね。

中城高原ホテル
迷宮感が素晴らしい

でも、外から眺めるだけでも素敵です。

ちなみに中城高原ホテルはいわゆる未成物件であり、1975年あたりに建設が中断され、それからずっと廃墟となっています(どうも一部区間のみ、多少営業していたそうですが)。

しかも、元々は中城城の本丸に建設予定だったとか。ところが当時から中城城は文化財として指定されていました。なので、「観光客誘致のために!」という名目でこのホテル建設に望みをかける組織と、「いやいやそんなホテルとか立てられたら文化財指定取り消すし」という組織が対立し、結果、本丸ではなく正門前に建設されることとなったそうな。

結果的に工事を請け負った業者が倒産、そして廃墟化して現在に至ります。本丸に作らなくてよかったねとしか(笑)

1番高いところに立ってやがる
「高原」とつく通り、ここらで最も高いところに建っているので目立つ

世界遺産と並ぶ負の遺産…。

沖縄の人からしたら文字通り目の上のたんこぶだと思います。解体が決まり、廃墟好きとしては残念んだけど、より中城城が世界遺産として誇れるように整備されるのは良かったね。

どことなく外観が似ている愛知県蒲郡の三州園ホテル

残念ながら今回は中城高原ホテルを探索することができず、このまま解体されてしまうことでしょう。しかし、この中城高原ホテルに似た外観のホテル廃墟、三州園ホテルは何度か探索することができました。

こちらも巨大なホテル廃墟で、火災によってコンクリートむき出しの外観になってしまいました。愛知県屈指の巨大廃墟だと思います。

この記事の撮影機材
カメラ1:RX100M3
カメラ2:GoPro HERO7 Black

中城城跡の詳細情報

公式サイト:沖縄の世界遺産 中城城跡
住所:〒901-2314 沖縄県中頭郡北中城村大城503
電話番号:098-935-5719
場所:Googleマップで見る

営業時間:
5月〜9月:8時半〜18時
その他:8時半〜17時

入場料:400円
駐車場:無料でたくさんあり

備考:ドローン禁止

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!