楽天モバイル

このところ、テレワークによるポケットWi-Fiの需要増で、いくつかの会社で端末の在庫切れや、通信障害が起きたりしているそうです。

そんなネット環境難民の皆さんに朗報です。実は今、楽天モバイルに申し込むと、先着で300万名に限り、なんと1年間無料でSIMカードを持つことができます

この楽天モバイル、以前はいわゆる「格安SIM」と言って、ドコモやauからネット回線を借りて消費者に提供するスタイルでした。

ところが2020年4月に、自社でネット回線を用意して消費者に提供するスタイルにリニューアルしました。

  • 昔の楽天モバイル:ドコモやauから回線を借りて、利用者に提供していた(格安SIM)
  • 今の楽天モバイル:自分たちで回線設備を作り、利用者に提供している(キャリア)

つまり、ここ最近はドコモ、au、ソフトバンクの3社が日本の携帯会社だったわけですが、2020年4月からは楽天モバイルを加えて4社となったのです。

そしてすごいのが、楽天モバイルはデータ容量がなんと無制限です。他社だとプランにもよりますけど、月に7GBとかまでしか使えなくて、ギガを使い切ると低速回線になるんですが、ギガ不足知らずの無制限。そんなことからついたプラン名はその名も「UN-LIMIT(アンリミット)」。

というわけで、楽天モバイルと契約しておけば無料で無制限にネットが使えて、さらにスマホからテザリングするなりでPCでもネットが使えるし、ポケットWi-Fi契約するよりも良いじゃん!というのがこの記事の内容です。

実際に楽天モバイルで契約したスマホをポケットWi-Fiとして使ってみたので、その感想と、楽天モバイルとの契約にあたっては色々と注意点もあるので、それぞれ説明しますぅ。

概要:【1年間無料】楽天モバイル「UN-LIMIT」プランの料金・データ容量まとめ

楽天モバイルプラン詳細

現在楽天モバイルが提供しているのは「UN-LIMIT」プラン1種類のみ。このプランに関する詳細は以下の通り。

楽天モバイル「UN-LIMIT」まとめ
  • 料金:2,980円(税別)/先着300万名に限り1年間無料!
  • データ容量:【楽天回線エリア】無制限/【パートナー回線エリア】5GB/月
  • 電話料金:Rakuten Linkアプリからの発信は無料
  • 縛り:なし、いつでも無料で解約可能
  • 注意点:楽天回線対応端末は非常に少ない

1年無料でデータ通信無制限という神みたいなプランなんですが、2点すっごい気をつけてほしいことがあります。

要注意1:通信エリアによっては月5GBまでしか使えない

楽天モバイルエリア

楽天モバイルはデータ容量が無制限だと言いましたが、実は一部の対象エリアに限り無制限です。

楽天モバイルはドコモやauから独立するにあたって、自社のネット回線をユーザーに届けるべく、日本全国津々浦々に基地局を建てました。しかし現状、都心部にしか建設することができませんでした。

そこで基地局建設が間に合わなかった地域は、auの基地局を借りて運用しています。

そんなわけで、楽天モバイルが使えるエリアは「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」の2種類が混在しています

  • 楽天回線エリア:楽天モバイルオリジナルの回線が使えるエリア
  • パートナー回線エリア:auの回線エリア

このうち、楽天回線エリアでは無制限でデータ通信が利用できますが、パートナー回線エリアでは、月々5GBまでしか使えません。ただし、パートナー回線エリアでギガを使い果たしても、最大1Mbpsの速度で通信可能です。

楽天モバイルのデータ容量とエリアのまとめ
項目 楽天回線エリア パートナー回線エリア
対象地域 都心部のみ auが使える全てのエリア
データ容量 無制限 5GB/月
ギガを使い果たした場合 - 最大1Mbpsで継続利用可能
データ繰越 - 不可

つまり楽天モバイルで最も恩恵を受けられるのは、楽天回線エリア在住の人

主な楽天回線対応エリア
  • 北海道
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 沖縄県

※以上の県内の一部の地域にて、楽天回線が利用できます。詳細はエリアマップ参照。

そうでない人は月々5GBになるのでちょっと魅力は劣りますが、それでも最大1Mbpsで使い放題なのは強み。

例えばドコモでも、ギガを使い果たすと128kbpsに速度制限されるんですが、楽天モバイルなら1Mbpsなのでそのおよそ9倍くらいの速度で使えるわけです。

1Mbpsあれば、HD動画の閲覧とかだと厳しいけど、ウェブサイトの閲覧ならまだ戦えるかなという感じです。なので、楽天回線エリア以外だと全然使えないってわけではありません。

実際1Mbpsで通信してみた様子の動画が楽天モバイルに掲載されています。また、YouTubeでも多数の方々が1Mbps通信を紹介しているので、見ると参考になると思います。

要注意2:楽天回線に対応したスマホが少ない(iPhoneもほぼ利用不可)

iPhone7は楽天モバイル対象外

もう1点の要注意事項が、楽天モバイルに対応しているスマホが少ないこと。実はSIMフリーのスマホであっても、楽天モバイル回線に対応していないと使うことができません。

なので基本的には、楽天モバイルで販売されている端末を購入して使うことになります。販売中の端末は以下の通り。

  • Xperia Ace:49,819円(税別)
  • Galaxy A7:31,500円(税別)
  • Galaxy S10:90,728円(税別)
  • Galaxy Note10+:115,273円(税別)
  • AQUOS sense3 lite:29,819円(税別)
  • AQUOS sense3 plus:44,364円(税別)
  • arrows RX:29,819円(税別)
  • OPPO Reno A 128GB:35,273円(税別)
  • OPPO A5 2020:26,182円(税別)
  • Rakuten Mini:19,819円(税別)
  • HUAWEI nova 5T:54,364円(税別)

これ以外にも、SIMカードを差し替えるだけで使えるスマホも多少あります。公式サイトから対象スマホの確認ができるので、こちらもご確認ください。

そして肝心のiPhoneですが、今のところ利用可能とされているのは、iPhone XS/XR以降に販売されたものだけです。iPhone7/8だと使えないのでご注意ください。

ただしiOSの場合、楽天モバイルが使えるとしてもRakuten Linkアプリをダウンロードすることができません。このアプリが使えないことで、無料通話ができない、ポイント還元キャンペーンの対象外になる、というデメリットがあります。いずれにせよ、今のところiPhoneとの相性は悪し。

楽天モバイルをポケットWi-Fiとして使う方法

楽天モバイルに詳しくなったところで、この記事の本題、楽天モバイルをポケットWi-Fiとして使う方法を3つ紹介していきます。

おすすめ:楽天モバイル対応スマホを購入する(特にRakuten Mini)

Rakuten Miniの裏面
ボクはRakuten Mini

最もおすすめなのが、楽天モバイルでSIMとスマホをセットで購入して、モバイルルーターとして使うことです。スマホの中でも、Rakuten Miniは最も価格が安く、尚且つ79gという超軽量サイズなので、スマートでおすすめです。

Rakuten Miniの本体価格は19,819円(税別)ですが、5,000円分の楽天スーパーポイントが貯まるキャンペーン中です。また、回線開通後にRakuten Linkアプリを利用すると最大6,300ポイント円相当の楽天スーパーポイントももらえるので、初期費用がかなり抑えられます。

Rakuten Mini契約時の初期費用
実費費用
- 契約事務手数料:3,000円(税別)
- 端末代:19,819円(税別)
- A)合計:22,819円(税別)

キャンペーンでのポイント還元
- 楽天モバイル新規契約キャンペーン※1:3,000円相当ポイント還元
- 楽天モバイル新規契約キャンペーン※2:3,300円相当ポイント還元
- Rakuten Miniセット契約キャンペーン:5,000円相当ポイント還元
- B)合計:11,300円相当ポイント還元

※1:2020年8月31日(月)23:59までに、Rakuten Linkの利用登録とSMS認証が完了することが条件
※2:開通日の翌月末までに、Rakuten Linkの利用登録とSMS認証が完了することが条件

- 実質初期費用(A-B):11,519円(税別)
- 月々の費用:1年間無料 ※継続利用する場合は2年目から2,980円(税別)

Rakuten Miniはスマホなので、テザリングによってPCやタブレットをネットに接続します。ちなみにRakuten Miniならではの機能かは知らないけど、ホーム画面にワンタップでテザリングのオンオフを切り替えられるボタンを用意できるのが便利。

ただスマホでテザリングするうえで、気になるのがバッテリー。特にこのRakuten Miniは超小型端末だけあってバッテリーサイズも約1,250mAhと小ぶり。

実際Rakuten Miniをテザリングさせて計測してみたところ、3時間30分でバッテリー残量が44%→4%となりました。単純計算ですが、6〜7時間くらいなら充電なしでも使えそうなので、大きな問題ではなさそう。

また、このサイズからRakuten MiniではeSIMを採用しています。つまり、SIMカードを使い回すことができないのでご注意ください。

とまぁWi-Fiとして使う前提で話しましたが、Rakuten Miniはあくまでも「スマホ」なので、単体で遊ぶこともできます。特におサイフケータイがついているのはデカいメリット。ただやはりあまりに小型なので、メッセージのやりとりとかはストレス溜まる。その辺はスマホ単体のレビューもご覧くださいな。

便利:楽天モバイル対応モバイルルーターを購入する

楽天モバイルでは、スマホだけでなくモバイルルーターも扱っています。なので、こちらを購入すれば、テザリングするのではなく電源を入れるだけでネットを使うことができます。

  • Aterm MP02LN:12,546円(税別)
  • Aterm MR05LN RW:21,637円(税別)

機種は2種類ありますが、違いは詳しく知らない。とりあえず、安い方のAterm MP02LNの初期費用をまとめると以下の通り。

Aterm MP02LN契約時の初期費用
  • 契約事務手数料:3,000円(税別)
  • 端末代:12,546円(税別)
  • 合計初期費用:15,546円(税別)
  • 月々の費用:1年間無料 ※継続利用する場合は2年目から2,980円(税別)

以上の通り、モバイルルーターの契約だとポイント還元がありません。そのため、実費で言うとこちらの方が安いんですが、ポイント還元を考慮した実質的なコストは高くつくのでご用心。

また、モバイルルーターだと当然ながら通話はできません。楽天モバイルの通話無料というメリットを殺すことになるので、ご注意ください。

SIMカードのみ契約して、手持ちの楽天モバイル対応スマホで運用する

iPhoneは一部のみ対応

対象のスマホ(こちらから確認可)をお持ちなら、SIMカードのみ契約して使うことで、楽天回線を利用できる可能性があります。

例えばiPhone XSやiPhone SE(第二世代)をお持ちの人は、楽天モバイルで契約したSIMカードを挿すことで運用が可能です。

ただし、あくまでも「使えるが、動作保証は対象外」であり、一時的に使えたとしても今後は使えなく場合もあります。また、「接続先回線切替」に対応していません。そのため、例えばパートナー回線エリアから楽天回線エリアに移動したとしても、パートナー回線エリアと判定されたまま通信が継続してしまうので、5GBを消費してしまう、ということが考えられます。

SIMカードのみ契約時の初期費用
実費費用
- A)契約事務手数料:3,000円(税別)

キャンペーンでのポイント還元
- 楽天モバイル新規契約キャンペーン※1:3,000円相当ポイント還元(iOSは不可)
- 楽天モバイル新規契約キャンペーン※2:3,300円相当ポイント還元(iOSは不可)
- B)合計:6,300円相当ポイント還元

※1:2020年8月31日(月)23:59までに、Rakuten Linkの利用登録とSMS認証が完了することが条件
※2:開通日の翌月末までに、Rakuten Linkの利用登録とSMS認証が完了することが条件

- 実質初期費用(A-B)※Androidの場合:-3,300円(税別)
- 実質初期費用(A-B)※iOSの場合:6,300円(税別)
- 月々の費用:1年間無料 ※継続利用する場合は2年目から2,980円(税別)

というわけで、もしも手持ちの端末が楽天回線対応ならばよりコストを抑えて契約できます。というか楽天モバイル対応のAndroid端末を持っていた場合、3,000円儲かりますね

Rakuten MiniをポケットWi-Fiとして使った感想・速度比較


日曜10時半頃に計測

まず前提として、私は楽天回線エリアに住んでいます。そのためパートナー回線エリアでは検証していないのでご注意を。

というわけで実際に、何回かRakuten MiniでテザリングしてPCで仕事してみました。その結果、もう全く問題なしという感想です。薄い感想ですが、本当になにも気になることなかったです。

ウェブサイト閲覧、動画閲覧、動画通話、全く問題ありません。


土曜1時頃に計測

実際に数値を見てみると、だいたい常に5Mbps以上は出てる感じ。

一方で先日契約したポケットWi-FiのFUJI Wi-Fiで計測してみると、安定して10Mbpsくらい出る。さらに光回線なら50Mbps以上。

というわけで、楽天モバイルでテザリングした状態での回線速度は、数値上だとポケットWi-Fi等と比較してちょっと遅いわけですが、とはいえ体感ベースでは全く問題なしです。バッテリー持ちも前述の通り、特に悩まされることはありませんでした。

ただサービス開始して間もないので、多少の不具合は覚悟した方が良いかも。実際5月1日には、一部のユーザーの間で全く通信ができないという障害が発生しました。

また、正式サービス開始前の感想ですが、エレベーターの中など、少し奥まったところに行くと繋がりにくくなる経験もありました。

この辺りは、これからじっくり改善されていくと思います。逆に言うと、まだしばらくはちょっとした不具合が出てくるケースはありそうです。

ずっと家から(楽天回線エリアから)出ないのであれば、ネット環境を楽天モバイルに一本化してしまえばかなりお得ですが、現状の安定性を鑑みると、一本化はせずに、保険として別の通信会社も用意しておいた方が良いかなとは思います。

私自身、以前契約したポケットWi-FiのFUJI Wi-Fiは、今後も継続して使い続けようと思います。

まとめ:条件がぴったりハマる人は絶対契約すべき

以上、まぁまだ楽天回線となって日が浅いので、まだまだ不安なところもありますが、それを加味しても1年無料なので、検討の余地は十分なるんじゃないかなと思います。

特に以下に該当する人であれば、楽天モバイルとの契約を強くおすすめします。

楽天モバイルを特におすすめできる人
  • 楽天回線エリア内に在住の方
  • 楽天モバイル対応スマホをお持ちの方
  • 月5GBでも良いからポケットWi-Fiがほしい方

まぁ色々と不安はありますが(無料なので不満はない)、やっぱり1年無料は強い。ぜひ契約してみてくださいな。

あっあっ!あと、楽天モバイルに契約する際には、楽天モバイルID「2020012700041」を入力して頂くと、紹介キャンペーンが適用されて私とあなたにそれぞれ楽天スーパーポイントが貯まるらしいので、ぜひ活用してみてください。

キャンペーンのやり方はこちらをご覧あそばせ。

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!