プリペイド携帯なら審査なしで契約できる!んだけど…
プリペイド携帯なら審査なしで契約できる!んだけど…

プリペイド携帯は事前に決まった金額分まで使える携帯電話のこと。その名の通り前払いなので、通常の携帯契約のような審査が行われることはありません。そのため、携帯ブラックの人など審査が不安な人の助けになります。

ただし、そもそもプリペイド携帯を扱っている会社が少ない、また、データ通信は別料金になり割高などのデメリットもあります。そして実は格安SIMなど一部の携帯会社なら携帯ブラックの人でも契約できる可能性があるので、それらについてまとめて紹介します。

\使わない月は0円!/

  • 月間1GBまでのデータ通信なら料金無料
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • クレジットカード不要!口座振替・デビットカードでの支払いに対応

プリペイド携帯は審査なしで契約可能だがおすすめしない

プリペイドスマホ機種変更キャンペーン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
画像引用元:プリペイドスマホ機種変更キャンペーン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

プリペイド携帯は審査がありません。携帯ブラックの人でも、自己破産履歴のある人でも、借金まみれの人でも、無職の人でも問題なく契約できます。しかし結論から言うと、「審査が不安だからという理由でプリペイド携帯に申し込む」のはおすすめしません。

その理由は、扱っている会社が少ないからと、料金が割高だからです。キャリアを見ると、プリペイド携帯を扱っているのは現在ソフトバンクしかありません。

そしてソフトバンクのプリペイド携帯のプランを確認すると、通話料金は「8.58円/6秒」です。ソフトバンクの通常プランの通話料金は「20円/30秒」なので、単純に2倍以上高額です。データ通信を利用する場合も料金が高く、コスト面では全くプリペイド携帯をおすすめできません。

それでも「プリペイド携帯じゃないと審査に通れないから…」と思っているかもしれません。しかし、実は携帯会社の中でも格安SIMなら、審査が不安な人でも通れる可能性があります。したがって、まずは次に紹介する「審査が不安な人におすすめする携帯会社」に申し込んでみて、それにも通らなかったら最後の手段としてプリペイド携帯に申し込むことをおすすめします。

吹き出しアイコン

ウサミミ
プリペイド携帯だと使い過ぎの防止にもなるけど、かけ放題もあるしあんまり意味はないかな。

審査が不安な人におすすめする携帯会社

審査が不安な人でも契約できる可能性のある携帯会社は楽天モバイルとリンクスメイトの2社です。それぞれその理由は以下の通り。

審査が不安な人におすすめする2つの携帯会社
  • 楽天モバイル:料金無料キャンペーンをするほどユーザーを集めたい意向が見える&クレジットカードなしでも契約可能
  • リンクスメイト:不払者情報が共有されない可能性あり

楽天モバイル:使わない月は0円で契約可能!クレジットカードなしでもOK

楽天モバイル
画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルキャンペーン情報
  • 3ヶ月間料金無料でデータ通信使い放題!
  • Rakuten Linkアプリを使って10秒以上通話+メッセージ1回の送信で5,000ポイントプレゼント!
  • スマホの同時購入で、端末種類に応じて最大20,000ポイントプレゼント!

【最新情報を公式サイトでチェック】
▶︎ Rakuten UN-LIMIT VIお申し込みキャンペーン 最大25,000円相当分をポイント還元 | 楽天モバイル

2020年から2021年4月頭にかけて、「期間中に契約した人は1年間の料金無料」という、とんでもない赤字覚悟キャンペーンを開催した楽天モバイル。これから新たに契約する人でも、「月々のデータ使用量が1GB以下なら料金無料」と、引き続きコスパ最強の名は譲りません

楽天モバイルの料金プラン(税込)
月間データ通信量 料金
〜1GB 無料
〜3GB 1,078円
〜20GB 2,178円
20GB超過 3,278円

:月間のデータ利用量に応じて毎月の料金が変動する

厳密には、楽天モバイルは格安SIMではなくドコモ、au、ソフトバンクと同じ「キャリア」です。格安SIMとは違って、自分で回線設備を持っています。つまり、めちゃくちゃお金かけてサービスを提供しています。

このコストを取り戻すためには、とにかくユーザーを集めなければいけません。しかしドコモ、au,ソフトバンクは盤石であり、そこから新興の楽天モバイルに乗り換えてもらうには一筋縄にはいきません。そこで「無料」を打ち出し覚悟してでもユーザーをかき集めに入った、というわけです。

このような経緯を考えると、楽天モバイルの審査って、あってないようなものではないかなと思います。「無料で使ってもらってもいいからユーザーを集めたい!」のに、厳しい審査してしまったら意味ないですからね、もちろんこれはあくまでも想像ですが、少なくともまだ申し込んでない人は、申し込んでも良いと思います

また、楽天モバイルはクレジットカード以外に口座振替または楽天銀行デビットカード、スルガ銀行デビットカードのいずれかで支払い可能です。デビットカードなら審査なしで入会できますし、楽天銀行デビットカードなら楽天カードと同様に100円の支払いで楽天ポイントが1ポイント貯まるのでおすすめです。

吹き出しアイコン

ウサミミ
口座振替の場合は1回の引き落としにつき110円の手数料がかかるから、やっぱりデビットカードがおすすめ!
\使わない月は0円!/

  • 月間1GBまでのデータ通信なら料金無料
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • クレジットカード不要!口座振替・デビットカードでの支払いに対応

リンクスメイト:不払者情報を確認されない可能性がある

LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM
画像引用元:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

携帯料金を滞納して強制解約されると、その情報がTCAもしくはTELESAに記載されます。これを不払者情報と言って、さらにTCA・TELESAそれぞれに加盟している会社間で共有されます。つまり、ドコモで強制解約されたせいで、auの審査に通らないということがあるのです。このような状態を携帯ブラックと言い、未納分を完済するか5年経過するまで携帯を持てなくなります。

しかし格安SIMのリンクスメイトを運営している株式会社LogicLinksは、TCA、TELESAのどちらにも加盟していません。つまり、過去に強制解約された人でも審査に通る可能性があります

\TCA・TELESA非加盟/

  • TCAやTELESAに非加盟なので不払者情報が共有されない
  • データ容量に応じて33通りのプランあり
  • 新規事務手数料無料

補足:携帯の審査では個人信用情報は関係なし

ちなみに携帯会社の審査はクレジットカードやキャッシングとは大違いです。違いの1つが、個人信用情報を確認しないこと。クレジットカードやキャッシングで滞納すると、その記録が個人信用情報に乗り続けて、それ以降審査に通りにくくなります。

一方で携帯会社の場合は個人信用情報を確認しません。そのためクレジットカードを持てない人や、自己破産履歴のある人でも審査には影響しません。

ただし、10万円を超えるスマホを分割契約する際には個人信用情報の確認が行われます。iPhoneなど高価なスマホを購入する際には気をつけましょう。

審査が不安でもプリペイド携帯ではなく審査が甘い可能性が高い携帯会社に申し込もう

すっごい甘い
すっごい甘い

そもそも携帯会社の審査って、ほとんど書類の確認レベルであって、そう簡単に落ちるものでもありません。UQモバイルやワイモバイルなど、一部の携帯会社の場合職業も審査項目の1つになりますが、楽天モバイルとリンクスメイトはどちらも職業を問われることはないので無職でも問題ありません。

もしもまだ楽天モバイル、リンクスメイトに申し込んだことがないのなら、コスパの悪いプリペイド携帯の前にまずこれらの携帯会社で試してみましょう。

関連記事
あなたに痛み分け
userimg
斎藤
いたみわけ.comは、斎藤が「低予算で旅行を楽しむ」をモットーに活動している様子を記したブログです。B級スポット(珍スポット)節約術を主なコンテンツとして日々更新しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!