ミニチュア姫路城全景
お江戸でござる

三重県伊勢市に来ました。なかなかの田舎なんですが、なんとここには「姫路城」があります。これ実は個人が作っちゃった系の施設なんですが、驚くべきはそのクオリティ。素人が頑張って作ったというレベルを超越しています。

三重にある世界遺産

アップだと本物にしか見えない姫路城
アップだと本物にしか見えない姫路城

バーン!これぞ姫路城!!と、この写真だけを見せれば勘違いする人も多いはず。こちらは1/23スケールで製作されたミニチュアなんですね。石垣の積み方など一部相違点もあるものの、完全な姫路城の姿を忠実に再現しています。

堅牢
堅牢

忠実っぷりは凄まじく、階段の段数なども現地で調査し、さらに図面までも特別な許可を得て入手したそう。

改めて相当立派なはお城だったんだねぇ
改めて相当立派なはお城だったんだねぇ

そのおかげでこんな立派な姫路城が復元されています。す、すげぇ…!

ミニチュア姫路城の製作者

西日を浴びるぜ姫路城
西日を浴びるぜ姫路城

こんなすごいジオラマを作ったやつは誰だ!出てこい!このミニチュア姫路城の城主は、井村さんという80過ぎのおじいさん。その制作コストは凄まじく、かかった年月は19年間。そして費用は約2,000万円と言います。

個人宅のお庭にある
個人宅のお庭にある

かかった費用の中でもおそらく最も高価だったであろうものがこの土地。井村さんは元々こちらに住んでいたわけではなく、姫路城を建設するための土地を3年間探し続け、ここを見つけたとのこと。確かに住宅街の外れにあるので周囲に景観を損ねるようなものがなく、なんなら背景は山なので姫路城がより映えます。

奥さんが作ったシャチホコ
奥さんが作ったシャチホコ

しかしまぁそんな大金も時間も費やしてしまうと、家族にも迷惑がかかってしまうはず。と思いきや奥さんも陶芸教室に通ってシャチホコを作ったりするなど、理解ある方だったようです。

奥さんが作った武士
奥さんが作った武士

城内を闊歩するお侍さんなんかも奥様のお手製みたいでした。

注意:見学の際にはマナーを守りましょう

立て札ありけり
立て札ありけり

ミニチュア姫路城は井村さん宅の敷地内にあります。以前はひと声かけるのが必須だったようですが、今はこのように、特に許可を頂く必要はないようです。ただし、城の敷地内に入らない、触らないなど最低限のマナーは守りましょう。これほどの作品も無料で見学できる機会に感謝!

三重に行ったら姫路城見学を!

そのうち本物みたいに大改修とかするのかな
そのうち本物みたいに大改修とかするのかな

そんなわけで姫路城見学、満喫させて頂きました。改めて、こんな野ざらしの状態で綺麗に保たれているのがすごいですね。

ありがとうございました!
ありがとうございました!

姫路城を既に見た方も、これからの方も、ぜひこちらのミニチュア姫路城もご見学ください。

この記事の撮影機材
カメラ1:α7C
カメラ2:Insta360 ONE X2

三重県伊勢市には安土城もある!

三重県伊勢市にはもう1つやばい城があります。それが「安土城」。こちらは1/1サイズで非常に大きなお城です。ただし、安土城は本来滋賀県にあった城なので、このお城はレプリカ。田舎の広大な敷地にそびえるカラフルな天守閣は、どうにも珍スポットの雰囲気を感じずにはいられません!

ミニチュア姫路城の詳細情報

公式サイト:なし
住所:〒516-1108 三重県伊勢市円座町
電話番号:なし
場所:Googleマップで見る

営業時間:9時〜17時
定休日:火水木
入場料:無料
駐車場:3台分くらいありそう

備考: こっそり楽しもう

関連記事