尾道城

毎度おなじみ尾道城からこんにちは。さて、広島県は尾道です。尾道と言えば猫の町。というわけで猫を求めて尾道の山間部を歩きまわりました。猫ちゃんの写真と共にその歩みを紹介していきます。

尾道の猫探し

猫背の猫

さすが尾道、歩いてすぐに猫に出会う。猫らしい猫背で出迎えてくれました。と言っても見てください、この明らかに警戒している顔を。尾道は確かに猫がいっぱいいますが、全ての猫が人間に懐いているわけではありません。こいつらはたくさん見かけるけど決して触れない存在。CD買うだけで握手できるアイドルに比べるとより高尚な存在です。

ああ、大久野島のうさぎもそんな感じでした。

黒猫

続いて現れたのは黒猫ちゃん。黒猫にしてはピントがバッチリ合ったので、しばらくスマホの待ち受けにしていました。

階段上の黒猫

階段上からこちらを見つめてくる猫たち。警戒してらっしゃいますね…。

愛想のない顔の猫

彼はなんか怒ってるの?決して人間に媚びない強い意志を感じます。

室外機の上の3匹の猫

室外機の上に猫が3匹。手前の猫だけ撫でさせてくれました。でも毛並みが汚い…。餌付けだけされて、飼われてはいないのかな。と、いろいろ考えながら道を歩くと、ゾンビのような姿をした猫がいました。片目がつぶれて、毛並みはカピカピのボサボサ。あまりにも痛々しくて写真撮れないし直視もできなかったです。

路上の猫

尾道の猫について調べてみると、やっぱり問題を抱えているようですね。これらの猫は半野良なので糞害や破損などのトラブルが絶えないそうです。で、住民同士の喧嘩にもなるんだとか。

石垣の上の猫

実際に、自分もこの猫にひっかかれて血が出ました(それはまた別の話)。

様子をうかがう猫

ただ、自治体もそれをどうにかしようとしているようで、尾道の猫を観光資源としつつも、野良猫、半野良猫を減らしていく努力をしているそうです。具体的に何やってるかは知らんが。

手すりの隙間から見つめる猫

さっきのゾンビ猫といい、ガリガリになった猫といい、弱ってる猫を見ると切ないのでなんとかなると良いですね。

路上の黒猫

てな訳で猫の数は多いものの、どうも警戒心が強いのか、寄ってきてはくれませんでした。遠目に見守ってあげましょう。

千光寺の猫と、猫の細道

野生をなくした猫

尾道が誇る山の上の名刹、千光寺の近くにいました。猫です。近づいてもこの余裕っぷり。これだよ俺が求めていたのは。自分が撮影を終えた後も、他の観光客たちにバッシャバシャ撮影されてました。しかし動じない。これは素敵。まぁ、暑かったしね。

猫の細道

千光寺の途中には、猫の細道なる小道があります。

福石猫

こちらには猫はいませんでしたが、福石猫と呼ばれる丸い石が108個置かれているそうです。へぇ。

古民家カフェ

小道の途中にはおしゃれな古民家カフェなんかもあります。

ブーケダルブル

もしかしたら、先ほどのような半野良猫じゃなくて、ちゃんとした飼猫がお店の中にいらっしゃるのかな。

見上げるとロープウェー

頭上には千光寺に繋がるロープウェー。

地面にも猫アート

よく見ると地面にも猫。猫猫猫猫猫ばかり!そんな猫の町、尾道でした。ぐばい。

尾道 猫の細道の詳細情報

公式サイト:猫の細道|名所・史跡 |観る|尾道市の観光情報
住所:広島県尾道市東土堂町
電話番号:なし
場所:Googleマップで見る

備考:夏の尾道暑すぎるわ

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!