iPhone持って珍スポットいてくる

木之本地蔵院で巨大地蔵を見た!滋賀県長浜市観光に是非どうぞ

公開日 :   更新日 : 2015/07/23
カテゴリ : B級スポット

木之本地蔵院
滋賀県長浜市の木之本町です。この辺りはもともと宿場だったらしく、情緒ある家々が素敵です。観光地としても人気が高いんだとか。

さて、今回の目的地はJR北陸本線の『木ノ本駅』から歩いて10分程のところにございます。こちらには『木之本地蔵院』又は『浄信寺』と呼ばれるお寺があります。なんでも日本一の大きさを誇るとも言われている巨大なお地蔵様がいるんだとか。
スポンサーリンク

木之本地蔵院の巨大地蔵

浄信寺
さて境内にやってきますと、大きな本堂に勝るとも劣らない大きさで右手に地蔵が佇んでいます。でけぇ!

日本一大きな地蔵
全長約6メートルだそうな。本当に日本一大きいかと言われるとなんとも言えないのですが、一般の地蔵に比べるとでかいことは間違いないですね。

日本一大きい地蔵を見上げる
下から見上げる。地蔵というとなんとなく可愛らしくデフォルメされてるイメージですが、こんだけでかくてリアルだと地蔵とはまた別の何かに思えてくる。弘法大師みたいだ。

雨の跡が涙みたいに
でもよく見ると号泣してる。

銅製の地蔵です
背中がまたかっこいい。
基本、地蔵って石仏だけどこれは銅製だからまたかっこよく見えるのかな。

お地蔵さんの足元には身代わり蛙がいっぱい!

お地蔵さんの足元に身代わり蛙
お地蔵さんの足元には、何やらわらわらと積み上がっているものが…。

台座の上の身代わり蛙
小さなカエルの置物です。全部片目を閉じているのが特徴ですね。

不安定な場所でも積み上がる身代わり蛙
このカエルたちは、身代わり蛙と呼ばれています。自分たちがあえて片目を使わないことで、目の病気で悩んでいる人たちを救おうとしているわけです。良いカエルだ。

大量発生しすぎている身代わり蛙
でも多すぎやしないか…。

地蔵と友人
せっかくなので地蔵をバックに友人にポーズをとってもらいました。かっこいいですね。


戒壇巡りもあるよ

木之本地蔵院の戒壇巡り
戒壇巡りとは、真っ暗闇の中一方通行の通路をひたすら進んでいくものです。別にトラップなんかがあるわけではないんですが、なにぶん真っ暗なので進むスピードも遅くなります。

ここの戒壇巡りはなんと56メートルもあるみたいなんで、やたらと時間かかっちゃいました。全く光のない真っ暗な道を歩いてみるってのは面白いですよ。



木之本地蔵院


公式サイト:http://www.kinomoto-jizo.com/
住所:木之本町大字木之本944 伊香郡
電話番号:
場所:Googleマップで見る

営業時間:8時〜17時(境内にはいつでも入れます)
入場料:戒壇巡り代300円

備考:向かいには『サラダパン』で有名なつるやパンがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
B級スポット