三州園ホテル

愛知県蒲郡市の三ヶ根山スカイラインがやばい。ここの道路はもうすごい有様で、走っていると廃墟廃墟廃墟墓墓廃墟!というなんとも言いがたい荒んだ光景を見ることができます。ま、山の上なんで眺めはいいんですけどね。

そんなデスロードの中でもとりわけ目立つのが、この三州園ホテルです。山の上に建つ巨大なホテル廃墟で、火事によって焼けおちた外観はもう要塞以外の何者でもない!愛知県の廃墟の中でも、規模といい見所の多さといい、トップクラスだと思います。

愛知が誇る巨大廃墟

三州園ホテル入口

くだんの巨大廃墟の入り口にやって来ました。入口からしてもうこの焼けっぷり。

三州園ホテル外観

火事は何度も起きているようで、その外見はもう無機質な要塞らしいお姿に。華やかなホテルだった頃の面影はもうない。

三州園ホテル外観

昔はどんなに豪華な外観だったんでしょうか。


サイドから。

ねずみ色のでかい建物がホテルそのもので、左の白い建物は恐らく従業員寮だと思われます。ホテルの最上階にガラス張りの露天風呂があったという。

巨大廃墟の内部には、美しい景色が広がっていた

入ってみると、エントランスは吹き抜けで、巨大な階段が待ち受けています。火災のせいで退廃的な雰囲気も纏っていて、普段じゃ絶対見られないような、非日常的な美しい景色を見せてくれました。

漫画BLAME!の世界みたいです。こんな素晴らしい光景を見せてくれたこの廃墟に感謝。

ずっとこの階段を見つめていたくなりますが、これだけ巨大な廃墟なので先に進みます。ちょっと心配でしたがこの階段を上って上の階へ。

今度はまるでスラム街のような光景が待っていてくれました。三州園ホテルよ、どうしてあなたはそんなに楽しませてくれるの。

「死」という字には1つ足りない。

横に吹き抜けている部屋からは三河湾を見ることができました。

これはお部屋の写真。荒れてる部屋もあれば、荒れてない部屋もある。

浴場。夕暮れの日差しが良い感じに差し込んで来た。ここでも三河湾が見渡せる。なんて贅沢な浴場なんでしょう。

浴場の更に上、最上階はパノラマ露天風呂みたいな感じでした。 元々は一面ガラスで囲われていたみたいですが、現在は超解放的になっています。危ない。

巨大過ぎて紹介し切れません!

1階、ロビー奥には厨房がありますが、光が届かないので真っ暗でした。

さようなら三州園ホテル。

これだけの物件なので、そう簡単には解体されないことを祈る…。

いいね!を押すと、いいね!の数が増えます。

ここにいるよ→