これは…私が一人で高蔵寺へ行った時の話です。

高蔵寺定光寺近辺は、非常に廃墟が多く、今回もブラリと廃墟を求めて徘徊していました。

すると、いきなり…

橋がありました。

何か広場のようなものになっていましたが、当然田舎なので人はいません。

いえ、いました。おばあさんがいました。僕の方をじっと見ていました。まるで不審者でも見るかのように…。

奥まで行くと遊具とかがありました。まぁこの広場は今回の話と無関係です。この広場の近くにある物件が今日の話題です。

ありました。コンクリートがむき出しの廃墟です。おそらく未成物件でしょうね。

元々この辺は観光産業で賑わそうという狙いがあったようで、その名残なのかもしれません。

突入。

コンクリートと砂利の無機質な空間。

奥から外へ撮影。壁がないので外の景色が見えます。庄内川が見下ろせる絶景スポットですが、藪が多くてうまく見えません。

コケー

壁がない側は植物が元気に育ってます。

屋上へ(そんな高い建物じゃないけど)

丸い穴がいっぱいあいてた。水道管とかのためかな?

屋上。コンクリートのブロックがたくさんあるので、恐らく2階建てにする予定だったのでしょう。

屋上を歩いていると1階に戻る別の階段があった。

こっちの部屋は荒れていて誰かいた形跡が…

なんだ?

新しそうな物も。でも落ちてた新聞には岩隈決裂!!ってあったから今はもう住んでないのかな?

小さいながらまぁまぁ楽しめた物件でした。高蔵寺-定光寺-古虎渓のラインはふらふらしててもわりと廃墟が見つかっておもしろいです。