Surface_Pro3と外部モニターを繋いだ

最近Surface Pro3を使い始めました。噂に聞いていたWindows8は確かに使いにくくて四苦八苦してますが、ハード面では概ね満足しております。軽くて小さいのにcore i5を搭載しており、がっつりと作業することもできます。

となるとやっぱり外部モニターに接続して作業領域を広げたい。残念ながらSurfaceにはHDMI端子が付いていないので、モニターとは接続できないのかなと思いきや!!実は1,000円程度の変換コードを買うだけで簡単に外部モニターと接続してデュアルディスプレイ(マルチディスプレイ)環境を構築できました。

てなわけでSurface Pro3をデュアルディスプレイ化する方法を紹介するよ。

Surface Pro3にはMini DisplayPortがある

Surface_Pro3の右側面

Surface Pro3の右側面にあるこの差込口。これはMini DisplayPortってやつです。

ここにThunderboltケーブルかMini DisplayPortケーブルを差し込めば簡単にデュアルディスプレイ環境が完成します。ただし、ケーブルの片方がHDMI端子などになっているケーブルでないと、モニターの方に接続できません。

要するにこんな感じでThunderboltかMini DisplayPortケーブルをHDMIに変換してくれるケーブルが必要になるわけです。Amazonで1,000円程度で売ってるので、とりあえず買っとくと良いと思います。

Surface_Pro3のMini DisplayPortにThunderbolt端子を差し込む

ちなみにMini DisplayPortもThunderboltも形状そのものは全く同じで、ThunderboltはMini DisplayPortを改良したものだそうです。つまり性能の良し悪しの違いがあるだけで、規格そのものに違いはないので、どちらでも使えるそうです。

モニターとPCの位置を調節する

Surface_Pro3とモニターを接続した

さて、実際にSurface Proとモニターを繋いだところ、デフォルトでは外部モニターとSurface上の画面が同じ動きをしてしまいます。これでは接続する意味がないので、設定で画面の位置を調節しましょう。

コントロールパネル

コントロールパネルを開いて、『デスクトップのカスタマイズ』を選択します。

ディスプレイ

『ディスプレイ』を押す。

セカンドスクリーンに表示する

サイドバーにある『セカンドスクリーンに表示する』を押します。

ディスプレイ表示の変更

ここで複数のディスプレイを『拡張する』にして、モニターの①と②をドラッグして配置を変えましょう。これでモニター間を移動する際、上下だったり左右だったりで移動できます。

…的確に説明できないので、実際にいじって肌で感じてみてくれ!

Windowsユーザーにおすすめのフリーソフト「PhraseExpress」

Windowsユーザーなら、フリーソフトの「PhraseExpress」を試してみてください。これはスニペットツールと呼ばれるもので、例えば「.osewa」と打つと、自動的に「いつもお世話になっております」と変換されるように登録しておくことで、定型文章の入力スピードが向上します。

詳しい使い方を紹介しているので、興味がある方は関連記事もご覧ください。

関連記事
この記事を書いた人
userimg
斎藤
B級スポット(珍スポット)を主にした旅行が大好き。8年以上、珍スポット目当てに日本各地をふらついています。いたみわけ.comでは、一風変わったスポットの旅行記録をはじめ、旅行で役立つアイテムやお得な情報を発信しています。

おすすめスポットや、調査して欲しいスポットがあれば、Twitter等でお気軽にご連絡ください。日本全国そして世界中どこでも行きます!