高森湧水トンネル公園入り口
高森湧水トンネル公園があなたをお出迎え

熊本県は阿蘇に来ました。こちらにございます「高森湧水トンネル公園」は、トンネル内に水路が設けられていて、さらにイルミネーションだなんだと素敵な雰囲気を纏っていて、なかなかの観光スポットとして賑わっています。

実はこのトンネル、元々は国鉄が通る予定でした。しかし工事中に水脈を掘り当ててしまい工事が中断。そのまま放棄されていたものを近年整備して、今に至るというわけです。

内部の美しい光景を収めた写真と共に、このトンネルが生まれた悲しい歴史を紹介します。内部の様子は以下の動画を見た方がわかりやすいです!

高森トンネルは明治時代に計画された未成トンネル

高森トンネル内部
高森トンネル内部

時は1896年!熊本と宮崎県の延岡を結ぶ鉄道の計画が立ち上がりました。

九州を横断するぜ
多分こんな感じの計画

途中、財政難や戦争によって工事の中断を繰り返すも、熊本市内から高森町までを走る「国鉄高森線」が完成し、次いで延岡から高千穂を走る「国鉄高千穂線」が完成しました。

クリスマスツリーなど
吊られるツリー

そして残すは高森-高千穂の区間のみとなった1973年!各地で進められるトンネル工事の中でもおそらく最も大規模である、全長6,480mの高森トンネルが掘り進められました。

その現場はとても大変だったことでしょう。しかしもはや計画浮上から80年近く経過し、悲願とも言える鉄道の実現のため、日々汗水を垂らしなが懸命に掘り進めました。

待避所
待避所を謎のヨガスペースみたいなのに再利用

掘ること2年。全長も2,000mに差し掛かったところで事件が起きました。地下水脈を掘り当ててしまったのです。これによって大量の水が高森トンネル内に流れ込んでしまうことになりました。

派手
派手

さらに地下水脈が切断されたことで、高森町内の水道も断水してしまう被害も発生しました。ただでさえ出水で大変なのに、地域住民の生活まで脅かしてしまったのです。

ペットボトルタワー
コンセプトが謎

これらの原因により、トンネル工事は全長2,000m弱で中止。また、時代がもはや鉄道を必要としなくなったこともあり、鉄道計画自体が凍結、中止されました。ついにこの路線は完成することなく、高森-高千穂間に数々の建設工事の名残を残して消えてしまったのです。

謎の横穴
これもまた謎の横穴

1987年、国鉄の民営化が行われ、国鉄高千穂線はJRから高千穂鉄道へと運営体制が変わり、挙句2008年に全線廃止。国鉄高森線も南阿蘇鉄道に体制が変わったものの現在でも元気に営業しています。

魚が泳いでた
囚われの魚たち

その後中途半端に放置された高森トンネルは、高森町の手によって「高森湧水トンネル公園」として、掘削された2,000mのうち550m区間のみを公開しています。

悲劇のトンネルも今や観光資源に

鏡地獄
鏡地獄

そんなわけでこのトンネル、ただのトンネルではなくて「未成トンネル」「国鉄時代に建設」という面白い要素を持っているわけです。

ただだいぶきれいに整備されてしまっているようなので、残念ながら特にトンネル内部に当時を窺い知れるようなものはありませんでした。もともと未成だし、残留物自体あまり多くなかったかもしれません。

終着点
終着点。これを見たら折り返すだけ

最深部はしっかり埋め立てられていて、その奥がどうなっているのかはわかりません。きっとその向こうには整備のされていない生の状態で残ってるんだと思うと、見てみたくなります…ね!

この記事の撮影機材
カメラ:α7C

放棄されたトンネルの魅力

廃トンネルって真っ暗で結構怖いけど好きです。岐阜県にある坂下トンネルは、トンネルの役目を終えた後、宇宙線を観測する施設として生まれ変わり、それがさらに廃墟になるというわけわかんないことになっています。こちらも要チェック!

高森湧水トンネル公園の詳細情報

公式サイト:高森湧水トンネル公園|観光マップ|熊本阿蘇『野の花と風薫る郷』熊本県 高森町
住所:〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町高森1057−14
電話番号:0967623331
場所:Googleマップで見る

営業時間:
4月~10月 9:00~18:00
11月~3月 9:00~17:00

入場料:300円
駐車場:無料でたくさんあり

備考:湧水館っていう施設もあったらしいが見逃した。

関連記事